京都砂防ダムは不法占拠の集落で住所は?住人は在日?洪水で浸水?

未分類

日本で、私たちが家を住むには居住権を取得しないと住めない、土地を所有しないといけないのは当たり前ですよね?

日本の法律で決められたルールです。

しかし、そのルールから逸脱した集落が京都にあります。

京都砂防ダムは不法占拠の集落で住所はどこ?

「砂防ダム 京都」の画像検索結果

・京都市はこの場所に住むことを許してない
問題視されているのは、京都市北区衣笠開キ町にある砂防ダム内の集落。ここは砂防ダム内であり、人が住む場所として不適切であり、そもそも京都市はこの場所に住むことを許しておらず、不法占拠された状態で60年以上が経っている。

砂防ダムと言われている地域の住所名は京都市北区衣笠開キ町です。

砂防ダムというのは正式名称ではないダムの名称の一つです。

砂防ダム(さぼうダム)とは、小さな渓流などに設置される土砂災害防止のための設備のひとつ。 砂防法に基づき整備され、いわゆる一般のダムとは異なり、土砂災害の防止に特化したものを指す。 近年ではダムとの区別化を図るために砂防ダムとは呼ばず、砂防堰堤(さぼうえんてい)と呼ぶ方が正しいとされる。

砂防ダムは、一般的なダムではなく土地災害の防止のために作られた設備ということですね。

京都砂防ダムの住人は在日?

在日朝鮮人不法占拠されている砂防ダムが、京都にあるそうです。

ご存知でしたら、その砂防ダムの場所や様子を教えてください。

どうも、ある政党が、その不法占拠を支援している模様なんです

日本で不法占拠というのはイメージがわきませんね。

以下、回答です。

京都市北区の砂防ダムの内側に約60年にわたって不法占拠状態で居住している住民がいるとして、河川管理者の京都府が平成27年度に、移転要請を含めた本格的な対策に乗り出すことが4日、分かった。現場は国有地で約50人が居住しているが、災害の危険があるものの長年、居住していた実態から反発する住民もいるという。府は住民らの説得作業を進め、まずは自主移転を呼びかける方針だ。

京都府砂防課によると、現場は、紙屋川にある砂防ダムの内側。昭和28年にダムが建設された直後から川べりに在日韓国人や在日朝鮮人らが住む集落がつくられていたという。

現在、砂防ダム内にいるのは、朝鮮人、韓国人約50人ということです。

砂防ダムは国有地であり、京都市は人が住むことは許していません。

にもかかわらず、朝鮮人、韓国人が不法占拠している状態のようです。

昭和28年ということですから、1953年から現在まで不法占拠の住居が続いているんですね。

京都府は長年、この不法占拠を見てみぬしていきましたが、そうもいっていられない状況になったため、立ち退きを呼び掛けています。

「砂防ダム 立ち退き」の画像検索結果

しかし、住民らに立ち退期する意思はないようです。

府の事前調査で集落には約30世帯の約50人が居住。民家などが約50棟あり、空き家も10棟以上が確認された。府は移転を打診したが、住民側の一部は「50年近く暮らしている」「なぜ今さらそうなるのか」と反発しているという。

現在、砂防ダムに建物を建てた住民らは家賃をとって人に住まわせたりして商売しているという噂もある。

また、砂防ダム内に部外者が入ると、怒鳴られることもあるという情報も入ってきており治安はあまりよくないようです。

京都砂防ダムは洪水で浸水?

「砂防ダム 京都」の画像検索結果

金閣寺や名所が徒歩圏内に存在する京都市北区に、60年以上も砂防ダム内に不法占拠している集落があり物議をかもしている。砂防ダム内には一軒家や集合住宅などが複数建てられており、台風や豪雨により増水した場合、倒壊した家屋が砂防ダムを乗り越え、京都市に流れ込み、大災害を招く可能性があるといわれている。

砂防ダムは今まで、何度も台風や洪水で決壊の危機に陥ってきました。

京都市が懸念しているのは、台風による洪水で砂防ダムを乗り越え、京都にまで水が入ってくることです。

倒壊寸前の家や建物があるだけでなく、砂防ダムの住民は粗大ごみや生ごみを砂防ダムに不法投棄をしているため、仮に大きな洪水が起これば京都中にゴミが散乱することにもなりかねません。

国宝や重要文化材が日本で一番ある京都で洪水が起これば、観光業の盛んな京都の経済に与える影響は計り知れないでしょう。

京都砂防ダムの寿命は?

「京都市紙屋川砂防ダム」の画像検索結果

・非常に危険な状態
実際に砂防ダムの集落に出向いてみたところ、砂防ダム内は盆地のようになっており、砂防ダム内に入るには2か所ある階段を下りていくことになる。砂防ダム内には小川が流れており、台風や豪雨によってこの川が増水し、家屋の浸水に至る。砂防ダムが決壊すれば、その先には住宅地や小学校や保育所などがあるため、非常に危険な状態といえる。

砂防ダムの寿命は高くないことが予想されています。

砂防ダムは台風で洪水になると、砂防ダム内に水が入り、建物が浸水しています。

ダムなので水が溜まりやすい構造になっているので、建物が浸水するほど水笠があふれる状況になっています。

砂防ダムの改善は予断を許さない状況と言えます。

それではHave a nice day!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.