ウトロ地区は安田美沙子の父親出身地?地図やストリートビュ―場所どこ?

未分類

京都府にあるウトロ地区は日本で有名な在日部落の一つです。

朝鮮人の集落は日本に点在するが、ウトロ地区は、不法占拠であることが問題となっている。

ウトロ地区は戦後からある在日部落の集落で、GHQによる帰国勧告を無視し続けた一部の朝鮮人、その家族が住んでいる。

この時に、大半の朝鮮人は帰国している。

朝鮮人が不法占拠してから、韓国人による土地ころがし事件や立ち退きを求める裁判等があった。

裁判では不法占拠した朝鮮人側が全面敗訴している。

しかし、2007年頃に韓国政府が支出した資金により、勧告の財団がウトロ地区周辺の土地を購入。

韓国の女優もウトロ地区への資金を呼び掛けている。

画像は韓国人気女優キム・ヘス。

2016年ウトロ地区にある市営住宅が取り壊しになり、2017年に新しく市営住宅が建設され、現在ここには朝鮮人らが住んでいます。

→【関連記事】京都ウトロ地区の治安は?現在は解体中?安田美沙子の実家住所も?

京都ウトロ地区は安田美沙子の父親の出身地?現在は市営住宅で場所・住所・家賃は?

京都府出身のグラビアアイドルの安田美沙子とその父親がウトロ地区の出身ではないかと言われている。

この噂が立った理由は安田美沙子が京都出身のタレントということを押し出しているが、京都弁がわざとらしく、無理やり京都弁を話していると言われているからです。

しかし、結論を言うと、安田美沙子、その父親はウトロ地区であるという証拠がないため、デマ情報でしょう。

この噂が立った理由は安田美沙子の出身地とウトロ地区が同じ宇治市にあるからです。

ウトロ地区(ウトロちく)は、京都府宇治市伊勢田町51番地に所在する地区(伊勢田町小字ウトロ)。在日韓国・朝鮮人の集住地域のひとつで、自衛隊大久保駐屯地の北隣に展開している。

以下、安田美沙子のwikipediaより抜粋。

1982年、母親の実家がある北海道札幌市で、双子として生まれた。

その後は京都府で育ち、京都府北部の大宮町(現:京丹後市)の大宮第一小学校に一年生まで在籍、小学校二年生から宇治に引越し、宇治市立岡屋小学校、宇治市立東宇治中学校を経て京都府立東宇治高等学校卒業、摂南大学国際言語学部中退。

確かに安田美沙子は京都府宇治市で育っています。

しかし、北海道札幌市→京都府京都丹後市→宇治市と引っ越しの末、宇治市に住むことになっています。

ウトロ地区の出身者であれば、生まれたときかウトロ地区のはず。

北海道からウトロ地区に引っ越す理由がありません。

これは、安田美沙子のアンチがねつ造した情報だと思われます。

京都ウトロ地区は地図やストリートビュー上場所はどこ?行き方は?北海道?

ウトロ地区の場所をグーグルマップで表示しました。

赤く囲われている場所がウトロ地区です。

住所は「京都府宇治市伊勢田町51番地」です。

また、ウトロ地区と言うのは俗称です。

「ウトロ地区」とはあくまで通称であり、正式な地名(町丁)ではない。本来の正しい地名は宇土口(うとぐち)であるが、誤記や誤読によって「ウトロ」へと変化したと考えられている。故に北海道のウトロとは全く関係ない。

北海道にもウトロという地区があるが、まったく関係はない。

以下、北海道のウトロの画像。

ウトロは、北海道オホーツク総合振興局斜里郡斜里町にある地名である。漢字表記は宇登呂

語源はアイヌ語の「ウトゥルチクシ (Uturu-ci-kus-i) 」であり、「その間を-我々が-通る-所」という意味である。

北海道にあるウトロは在日との関係性はなく、アイヌとの関係があるようです。

それではHave a nice day!!

未分類
シズオカをフォローする
芸能人ニュースゴシップ速報

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.