小笠原諸島の硫黄島!火山活動で津波の危険性?噴火したら?歴史は?

未分類
「 硫黄島 火山」の画像検索結果
硫黄島という島は東京都小笠原諸島に位置する島の名称です。

→【関連記事】東京都の硫黄島の現在の人口は?場所は?地図上どこ?行き方は?

東京都小笠原諸島の硫黄島は世界で一番危険な火山ランキング1位に選ばれている火山です。

以下、世界で最も危険な火山ベスト10です。

1位:硫黄島(東京都小笠原村)
2位:アポヤケ山(ニカラグア)
3位:フレグレイ平野(イタリア)
4位:阿蘇山(熊本県)
5位:トランスメキシコ火山帯(メキシコ)
6位:アグン山(インドネシア)
7位:カメルーン山(カメルーン)
8位:タール山(フィリピン)
9位:マヨン山(フィリピン)
10位:ケルート山(インドネシア

選定基準は、今後100年以内に噴火するであろう、危険な火山です。

リストの選出にあたっては、100年以内に噴火のおそれがあり、かつ局地的破壊力が想定される火山という基準が用いられており、そのランキングの第1位に日本の硫黄島(東京都小笠原村)、第4位に阿蘇山(熊本県)が登場しているのだ。

日本の山は硫黄島と阿蘇山の二つが入っていますね。

日本は活火山帯が多いので仕方ないとも言えます。

東京都小笠原諸島の硫黄島!火山活動で津波の危険性?噴火したら?

「 硫黄島 火山」の画像検索結果

最近、硫黄島の火山の噴火が懸念されています。

硫黄島の火山についてのニュースはこれまで何度も報道されています。

まず、発生から1時間以内に100キロ圏内に数百度の火砕流が流れ込む。

翌日までには近畿地方で50センチ程度、関東地方も20センチ程度の降灰に見舞われる。水道は取水口の目詰まりなどで給水不能に。発電所のフィルターが目詰まりを起こすことで発電も不可能となる。

これにより1億2000万人、日本の総人口の95%が生活不能に陥るという。

さらに、ほとんどの道路が走行不能となり、鉄道のレールも灰で埋まってしまう。交通網が遮断されることで救援活動や復旧活動も困難な状態となる。

政府はそれほど硫黄島の火山の危険を懸念していないようですが、上記のようにデータがあるのは事実です。

日本の総人口の95%が生活不能ってイメージできないですね。

仮に95%が生活不能になったら、日本経済は確実に終わりますね。

「仮に硫黄島が噴火し、マグニチュード9クラスの巨大地震が起きた場合、高さ25メートルとはいかないまでも、島しょ部で10~20メートル、東京湾も5メートル超の津波に襲われると想定されています」(科学ジャーナリスト)

東京湾は閉鎖的な空間のため海水の逃げ場がない。そのため、特に湾岸の工業地帯が壊滅的な被害を受ける。約3000基とも言われる燃料タンクなどが破壊されれば、大規模火災が発生する可能性も大きい。

硫黄島が噴火したら、東京も大打撃を受けるようです。

また、津波による被害は、燃料タンクを爆発させるという二次災害を引き起こす可能性もあるようです。

一部の団体は政府に対策を迫っていますが、国は取り合ってはいません。

東京都小笠原諸島の硫黄島の噴火の歴史は?

「 硫黄島 火山」の画像検索結果

硫黄島はこれまで、何度も噴火しているようです。

【硫黄島有史以降の活動】
小規模な噴気を除く顕著な活動は、1889年(明治22年)または1890年(明治23年)から記録が残り、水蒸気噴火や海面変色が1922年、1935年、1944年、1957年、1967年、1968年、1969年、1975年、1978年、1980年、1982年、1993年、1994年、1999年、2001年、2004年、2007年、2012年、2013年に記録されている。2012年の活動では、ミリオンダラーホール(噴気孔)から最大100m程度の距離まで泥噴出が観測された。2015年8月7日未明より北の鼻にて噴火。

何回も噴火しているんですね。

これはいつ大きな噴火が起きてもおかしくなさそうです。。。

硫黄島による災害が起きたら逃げ場がないともいわれているので、どうしようもないかもしれません。

災害が起きないことを願うばかりです。

それではHave a nice day!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.