東京都の硫黄島の現在の人口は?場所は?地図上どこ?行き方は?

未分類
「硫黄島 東京都」の画像検索結果
硫黄島は東京都に属する島です。

上記の写真を見ると、硫黄島から煙が出ているのがわかりますね。

硫黄島は火山活動が活発な島なんですね。

→【関連記事】小笠原諸島の硫黄島!火山活動で津波の危険性?噴火したら?歴史は?

硫黄島は東京都の小笠原諸島にある島の名称です。

 第二次世界大戦後、アメリカの施政権下にあったが、1968年(昭和43)小笠原諸島の日本復帰とともに、東京都小笠原支庁に所属した。なお、硫黄島はアメリカ軍により「いおうじま」とよばれ、戦後はこの呼び方が定着、1982年以降は国土地理院もこの呼称を使用していた。しかし、旧島民は戦前より「いおうとう」とよんでいたことから、小笠原村は国土地理院に変更を要望。2007年(平成19)6月、国土地理院と海上保安庁海洋情報部で構成する「地名等の統一に関する連絡協議会」の決定により、旧称に復した。

戦後は数年間、アメリカの支配下にありましたが、現在は日本の領土となっています。

東京都の硫黄島の現在の人口は?

「硫黄島 噴火 歴史」の画像検索結果

硫黄島の現在の人口ですが、現在は住民はいません。

現在は自衛隊が駐屯しているのみです。

硫黄島の人口についてYahoo!知恵袋で質問・回答がありました。

以下、質問です。

現在の硫黄島には人が住んでいますか?

以下、回答です。

・住民は住んでいません
自衛隊が管理しているだけです。
確かに東京都に所属はしていますが、居住地としての認定がないので住まいを作るわけにも住むわけにもいかないのです。
駐屯地として自衛隊がいるのは居住になりませんので住んでいないというのが正解です。

自衛隊の管理下にあります。

硫黄島の人口=自衛隊の数ということになります

→【関連記事】

ただ、明治末期から1944年までは住民がいました。

サトウキビやバナナ、熱帯性の果実を中心に生産が盛んで最盛期には1164人いましたが、第二次世界大戦を期に住民は移住しました。

硫黄島の場所は?地図上どこ?行き方は?

「硫黄島」の画像検索結果
硫黄島の場所の詳細については以下の通りです。

東京都小笠原諸島(おがさわらしょとう)の南西、火山列島(硫黄列島)の中央にある粗面安山岩の活火山島。中硫黄島ともいう。直径10キロメートルの海底カルデラのカルデラ縁上に形成された火山。小笠原支庁小笠原村に属す。東京の南約1250キロメートルに位置し、周囲約22キロメートル、面積23.16平方キロメートル。北東から南西に伸長した段丘が発達し、中央部は平坦(へいたん)であるが、中北部に元山(約115メートル)、南西端に摺鉢山(すりばちやま)(169メートル)がある。

硫黄島は「いおうじま」ではなく、「いおうとう」が正式名称です。

鹿児島県にも硫黄島がありますが、そちらは「いおうじま」です。

ややこしいですね(笑)

硫黄島の地図は以下の通りです。

 16~17世紀以来、欧米人によって存在が認められていたが、絶海の小島ということから、長く無住・無主の地として放置されていた。

硫黄島は日本人よりも欧米人が先に発見しています。

欧米は当時、航海技術が発達していたから海をうろうろしていたんでしょうね。

絶海の孤島と言われているのは、周りを海で囲まれており、他の島が近くにないからです。

上記の硫黄島の地図を縮小すれば、確認できます。

「硫黄島」の画像検索結果

そんな硫黄島は映画の舞台にもなっており、行ってみたい、観光したいという方は多いようです。

硫黄島への行き方について、Yahoo!知恵袋に質問・回答がありました。

以下、質問です。

硫黄島に観光で行く方法はないでしょうか

以下、回答です。

現在は海上自衛隊管理の航空基地が設置され、全島がその基地の
敷地とされているため、一般民間人および自衛隊員以外の
公務員は島に立ち入ることは原則禁止されている。

防衛大学校の3学年秋季定期訓練において、本島を見学することがある。

例外的に立ち入りが許可されて島に常駐する民間人は、
飛行場の整備・改修工事を行う東京防衛施設局職員や
NTT社員、建設業者数社の作業員等である。

映画『硫黄島からの手紙』の一部シーンは島内で撮影されたが、これは
アメリカ国防総省から防衛庁を通しての東京都の特別許可によるものである。

気軽にツアーに行くような場所ではありません

現在、硫黄島は自衛隊の駐屯地になっているので、観光しに行くことは不可能です。

硫黄島は、面積は東京都北区の面積と同等であり、硫黄島固有の生態系もあり、観光スポットもいくつかあるようです。

今後、硫黄島が観光できるようになれば良いですね!

それではHave a nice day!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.