ヒカキンの年収や月収は?本名・国籍・出身地が韓国?在日?何人?

実業家

「ヒカキン」の画像検索結果

日本のYoutuberの草の根的存在、ヒカキン。

元々は、スーパーの店員でしたが、Youtubeに自信趣味であるボイスパーカッションの動画をアップしたところ、再生回数が爆発し、ヒカキンの人生は一気に変わりました!

そんなヒカキンの年収や月収、本名が韓国名で国籍出身地も韓国であるという噂について調べてみました。

ヒカキンの年収や月収は?

「ヒカキン」の画像検索結果

ヒカキンの主な収入源は以下の6つです。

・Youtubeからの広告収益。4つのYoutubeチャンネルを運営
・企業とのタイアップ動画
・事務所UUUMからの役員報酬
・出版本の印税
・TVの出演料
・TVCMへの出演料

2017年のヒカキンの再生回数はトータル24億回です。

 

1再生あたり、0.5円だとしたら12億円

1再生あたり、1円だとしたら24億円

になります。

2017年にYoutubeだけで、12億円から24億円は稼いでいる計算になります。

税金を引くと、約半分の引いても最低6億円は稼いでいるでしょうね。

余裕で一生食べていける額を稼いでいます(笑)

1年間だけで、サラリーマンの一生分の額を2回稼いでいます(笑)

Youtuberは難しいでしょうが、夢のある商売ですね!

「ヒカキン」の画像検索結果

YouTubeの1再生あたりの収益は、0,1円~0,5円とYoutuberによって違いますが、ヒカキンさんはYoutube公式おすすめクリエイターに選ばれており、収益は多めになっています。

Youtubeの1再生あたりはだいたい0.1円からだとよく言われていますね。

ヒカキンの場合は、Youtubeにオススメされている、Youtuberのため、他のYoutuberよりも収益は多いようです。

ヒカキンの書籍の印税

ヒカキンはこれまで、多くの書籍を出しています。

一般的に書籍の売り上げの10パーセントが執筆者に入ってきます。

ヒカキンの書籍「僕の仕事はYoutube」「「Youtuberのつくり方」「ヒカキンとはじめよう!マインクラフト大百科」の3冊だけで、最低30万部は売れています。

3つの書籍の定価は1000円から1200円です、

なので、ヒカキンに入ってくる印税は、最低でも

1000円×30万部×10%=3000万円 稼いでいます!

次に、企業案件です。

人気Youtuberのぷろたんで、広告案件は1本300万円、ヒカルは300万円と好評されています。

ヒカキンはぷろたんやヒカルよりも100万人以上登録者数が多いです。

そういうこともあって、ヒカキンの場合は、企業案件1本で、最低でも400万円以上は稼いでいます。

日本のサラリーマン平均年収並みを企業案件1本で稼いでいますね。

ヒカキンは数え切れない企業案件を受けているので、軽く億は超えているでしょう。

因みにヒカキンは、テレビ番組『本音ではしご酒』で収入を告白しています。

ネット上では、一同の口の動き的で推測すると、月1億円か年11億円と言っているように見えるという声が上がっています。

本名・国籍・出身地が韓国?在日?何人なの?

「ヒカキン」の画像検索結果

ネット上ではヒカキンは本名が韓国名だとか国籍や出身地が韓国だとか在日朝鮮人だとか色々言われているので、調べてみました。

ネット上で、コチラの写真が出回ったことがきっかけで、ヒカキンの名前は「ジュ・ジュンギ」ではないのか?顔も韓国人っぽいし、韓国人ではないのか?と話題になりましたが、この情報はデマです。

まず、ヒカキンの本名ですが、「開發 光(かいはつ ひかる)」です。

英語にすると「デベロップ ライト(develop light)」(笑)

かなり珍しい名前ですが、韓国っぽい名前ではありませんね!

開發の「發」の字は、「発」の昔バージョンです。

【名字】開発
【読み】かいはつ,かいほつ

【全国順位】 5,944位
【全国人数】 およそ1,700人

【開発、都道府県別ランキング】

都道府県順位人数
新潟県2,452位およそ70人
富山県650位およそ300人
石川県2,219位およそ70人
兵庫県2,143位およそ300人

【ルーツ】

現富山県である越中国射水郡開発村ほかが起源(ルーツ)である。近年、富山県に多く、特に高岡市に多数みられる。語源は、新たに開発した土地からきている。

ヒカキンの出身地新潟県では70人しかしないんですね。

全国区でみるとちょくちょくいるみたいですね。

 

ヒカキンの本名が「開発 光」だと判明したのは、ヒカキンが高校時代に、スキーの大会に出場していたからです。

ヒカキン 開發 光

ヒカキンは今でこそYoutuberとして有名ですが、実は幼少期から高校卒業までプロのスキージャンパーを目指していました。

しかも2018年平昌オリンピックで銅メダルをとった高梨沙羅とは幼少期に一緒に練習していた中です。

高梨紗羅

意外ですよね!

また、ヒカキンが韓国人ではないか?と言われた理由として、韓国のプロゲーマーが全員ヒカキンに似ていたためです。

ヒカキンに寄せてきたのかってくらいに似ていますね(笑)

個人的に右から2番目の人が最もヒカキンに似ている気がします。

また、ヒカキンは、国籍についても以下のように答えています。

本人がTwitter上で日本国籍だと言っているので、ヒカキンは、日本人のようです。

ヒカキンの出身地が新潟県であるのは有名ですね。

ヒカキン自身もTwitterで自身の出身地が新潟県であると話しています。

高梨沙羅も出身が新潟県で、一緒に練習していたこともあり、ヒカキンが新潟県出身あるのはまちがいないでしょう!

結論!

ヒカキンは本名が日本人名で日本国籍の日本人だということが判明しました。

今後、ヒカキンの活躍が楽しみですね。

それではHave a nice day!!

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.