石田ゆり子の父親の職業は日本郵船?銀行?妹はひかりで母親は沖縄人?

女優

今回は石田ゆり子の家族について紹介します。

石田ゆり子のプロフィール

  • 本名:石田 百合子(いしだ ゆりこ)
  • 生年月日:1969年10月3日
  • 出生地:東京都
  • 身長:164㎝
  • 活動期間:1987年-

石田ゆり子の家族構成

 

View this post on Instagram

 

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

石田ゆり子の家族構成は父親、母親、兄、石田ゆり子、妹の5人家族です。

妹は女優の石田ひかりってことは有名だね。

石田ゆり子の父親まとめ!職業は日本郵船?銀行?

石田ゆり子は1969年10月3日に愛知県名古屋市で生まれました。

石田ゆり子の父親は父親は転勤族だったので、各地を転々としていたようです。

愛知県→東京都→兵庫県西宮→神奈川川崎市→台湾→東京都というように家族で引っ越ししていたようです。

コチラの写真の中央にいるのが幼少期の頃の石田ゆり子です。

ウィキペディアには以下のように書かれています。

中学時代の3年間は父の仕事の都合で台湾の台北市に住んでいた。

水泳は芸能界入りするまで続け、台湾では妹のひかりと共に台湾のナショナルチームに所属していた。

3年間の海外生活って結構長いですね!

しかも、台湾にいる時は妹の石田ひかりとともに水泳選手として活躍していました。

石田ゆり子は父親の仕事の都合で住むことになった台湾時代について以下のように話しています。

「良いことばかりではなかったですが、今の自分をつくる原点というか。一番いろんなことを考えた時期に日本じゃないところにいたのが私にとって大きい」

「台湾時代の思い出はわたしにとっていつまでも色褪せない特別な…ものです」

日本から海外に移住したんですから、環境も全く違うし、子供にとってはショックですよね。

しかし、石田ゆり子にとって幼い子頃に訪れた台湾の思い出は忘れられないもののようです。

案外転勤族も悪くないのかもしれません。。

石田ゆり子はインスタグラムに父親と自身の幼少期の写真を投稿したことがあります。

後ろにいるのが石田ゆり子の父親ですが、体が大きくがっしりしていますね。

肩幅が広いのは石田ゆり子に似ていますね。

→【関連記事】石田ゆり子は昔の若い頃はがっしり体型だけどかわいい?秘訣は?

石田ゆり子はこれまで何度か熱愛報道がされてきました。

しかし、未だに独身です。

これは石田ゆり子の父親が厳格なことが理由とも噂されています。

しかし、石田ゆり子の石田ひかりが結婚していることを考えると、そんな頭ごなしに結婚について反対する人ではない気もします。

石田ゆり子の父親の職業は日本郵船?

石田ゆり子の父親は日本郵船に勤めていると言われています。

日本郵船は日本人ならでも知っている有名企業ですよね。

三菱財閥グループで日本3大開海運会社の一つとして有名ですよね。

日本郵船の給料や年収については以下のとおりです。

日本郵船の生涯年収は4億2441万円となっており、ここ10年の平均年収推移から算出しても3億5948万円~4億4462万円と推定され、非常に高額です。
4億円以上となると、一般的なサラリーマンの生涯推定年収の2倍近くとされるため、かなりの高年収の企業だという事が分かります。

日本郵船の30代の平均年収は895万円、40代では992万円で、1000万円近い年収となっています。

50代は1014万円となり、高年収といえます。また、50代から年収の上昇率が減少しないので、年功序列の給与体系だと思われます。

単純計算では日本のサラリーマンの2倍の給料がもらえることになります。

日本郵船には、総合職、一般職、技術職と大きく分けて3つありますが、どれも高額です。

部署や職歴、役職にもよりますが、一般的に給料としては、総合職、一般職、技術職の順番に高額になっています。

日本の新卒生にとっても人気の企業の一つですね。

ただし、日本郵船は多忙で、全国を転々しなければなりません。

当たり前ですが、転勤を拒否することはできません。

サラリーマンの宿命ですね(笑)

石田ゆり子の父親が転勤族だったのは、日本郵船に勤めていたからでしょうね。

石田ゆり子の父親の職業は銀行?

石田ゆり子の父親の職業は日本郵船だと言われている一方で、「銀行」ではないかとも言われています。

銀行と言われている理由は、石田ゆり子の父親に転勤が多いからでしょうね。

銀行=転勤が多いっていうイメージは強いですもんね。

石田ゆり子の母親は沖縄出身?

石田ゆり子の母親は沖縄県石垣島出身なんだって。

沖縄県の人って顔がはっきりした美人の人が多いよね。

石田ゆり子の兄は?

 

View this post on Instagram

 

写真の整理をしてたら 懐かしすぎる一枚を発見。 わたしは中学生時代の三年間を 父の仕事の関係で 台湾の台北市で過ごしました。 いまから…えっと… 25年くらい前、いや違う! 35年前のことです👀👏🏻😩 家族ぐるみでおせわになっていた 頼(らい)さんちの、ケンケンと ミミちゃん兄妹。 ほんとうに優しくしてくれました。 家族同士でしょっちゅう、 お互いの家でご飯食べたり 遊びに行ったり。 台湾時代の思い出は わたしにとっていつまでも色褪せない特別な…ものです。 わたしはちょうど13歳くらい。 2枚めは 自宅にあった巨大な水槽で飼っていた トラさんと…名前忘れた…ごめん! お魚がいたんです! 入居した時から、六匹くらい! 衝撃でした。 #懐かしの台湾

石田ゆり子さん(@yuriyuri1003)がシェアした投稿 –

石田ゆり子には兄が一人いますが、詳細についてはよく分かっていません。

兄は一般人だからサラリーマンでもやっているんだろうね。

年齢的には定年退職している可能性もあるね。

石田ゆり子の妹は石田ひかり?

 

View this post on Instagram

 

石田ひかりさん(@hikaringo0525)がシェアした投稿

石田ゆり子はおしとやかで正統派美人だけど、妹は石田ひかりで元気はつらつって言うイメージがあるね。

石田ひかりは、NHK朝ドラ『ひらり』やドラマ『あすなろ白書』が代表作だね。

石田ゆり子は高校1年生の時に自由が丘の亀谷万年堂前で「芸能界に入ってみませんか?」とスカウトを受けました。

その数日後、同じスカウトマンから石田ひかりもスカウトを受けています。

スカウトを受けた場所はそれぞれ違うし、スカウトマンも姉妹だとは知らなかったんだって。

1999年には姉妹で個人事務所「風鈴舎」を設立し、石田ゆり子が社長を務めています。

石田ひかりの夫(旦那)は?

石田ひかりは2001年にNHK職員の訓覇圭と結婚しました。

訓覇圭は京都大学文学部からNHKに就職したエリートだよ。

2003年には、子供が生まれたため、仕事をセーブしています。

子供が大きくなるまでは連ドラなどの拘束時間の長いの仕事は避けていたんだって。

石田ゆり子はいまだに結婚していないけど、妹はかなりだいぶ前に結婚していたんだね。

それではHave a nice day!!

コメント

  1. 松阪大助 より:

    日本郵政と日本郵船がゴッチャになってますが、石田キャプテンは日本「郵船」に勤務されていました。お酒に酔うとヘロヘロになるので、小生は参加してませんでしたが、川崎のお宅まで娘さんの顔を見るためにみんなで送ったりしたそうです(30年くらい昔の話です)。

    日本郵政と日本郵船は資本的にも関係なく別の会社ですので、誤記は訂正した方が良いと思います。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.