YOSHIKIの現在年収・年収推移・資産額は700億円?

歌手

今回はYOSHIKIの現在の年収・年収推移・資産額について調べてみました。

YOSHIKIは実家が呉服屋で元々裕福だったけれど、音楽活動で成功し、さらに裕福になったね。

→【関連記事】YOSHIKIの父親の自殺の理由は?弟は林光樹でダミー?

YOSHIKIのプロフィール

  • 本名:林 芳樹(はやし よしき)
  • 生年月日:1965年11月20日
  • 出身地:千葉県館山市
  • 身長:175㎝
  • 血液型:B型
  • 職業:シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家音楽プロデューサー、実業家、起業家
  • 担当楽器:ドラムス、ピアノ、キーボード、ギター、ベース

すごいたくさんの楽器が弾けるんだね。さすが、日本を代表するVJAPAN。

YOSHIKIの経歴

1965年11月20日に、千葉県館山市の老舗呉服店を営む家庭の2人兄弟の長男として生まれる。父はジャズ・ピアノ、母は三味線、叔母は琴の演奏を嗜むなど音楽的な一面があった。また、父は先代から家業を継ぐまでプロのタップ・ダンサーであった。現在マネージメントを行っているのは4つ歳の離れた弟で元俳優の光樹。

9歳頃からピアノで作曲をはじめ、10歳から14歳まで学校のブラスバンド部でトランペットを担当した。また中学から高校まではブラスバンド部と並行してサッカー部にも所属しており、司令塔のミッドフィールダーのポジションを担当していた。毎年、誕生日には楽器を買い与えられることが恒例で、トランペットを始めたのも10歳の誕生日に父から買ってもらったことがきっかけであったが、その翌年の8月に父を自殺により亡くした

1982年の夏、大学受験に専念するメンバーが離脱したNOISEを解散。当時はアイアン・メイデンのアルバム『鋼鉄の処女』や『キラーズ』に感化されており、ボーカルに転向したToshlと他校の生徒によるツインリードギター編成で、よりハードなロックを指向したバンド「X」(現在のX JAPAN)を新たに結成する

高校3年から音楽大学を目指して本格的にピアノに打ち込み、受験用のプログラムを通して、ソルフェージュ、和声、楽典などの音楽理論を学んだ

高校を卒業すると、本格的にバンド活動を行うためにToshlと共に上京。Xのレコードをリリースするため、1986年にインディーズのレコード会社「エクスタシーレコード」を設立

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/YOSHIKI

YOSHIKIの現在年収・年収推移は?

YOSHIKIは若い頃から現在に至るまでX JAPANで活動し、音楽以外にも事業をしており、認知度も若い世代からシニアまで幅広いです。

YOSHIKIの総資産は年収推移から考えても数十億円はあると言われています。

CDの売り開けやカラオケや著書の印税、携わっている事業から考えても相当であることは確実です。

YOSHIKIの収入源は以下のとおり↓

  • CD売上
  • ライブの売上
  • コラボ商品
  • カラオケやグッズの印税
  • プロデュース業
  • レコーディングのレンタル料
  • 事業

YOSHIKIは現在、自身のバンド活動以外にも、事業に携わり事業化としても活動しています。

CDの売り上げ=Xのファーストアルバム「BLUE BLOOD」「Jealousy」は110万枚以上の売上。

個人事務所ということもあり、これだけでも億単位の金が入ってきていると言われています。

YOSHIKIはこれまでリカちゃん人形、香水、女性ラグジュアリーのコラボやプロデュースもしています。

全盛期よりは音楽活動の収益は減っているかもしれませんが、これまで出してきた楽曲全ての原盤権を所有しており、印税は直接YOSHIKIにところに入ってきます。

YOSHIKIはソニーに所属していた時児氏の印税が会社にとられてしまうことが悔しかったため個人事務所を設立したんだって。
YOSHIKIは音楽家としてだけではなく、ビジネスマンとしても一流なんだね。

また、YOSHIKIはロサンゼルスに自身のレコーディングスタジオを持っており、10億円以上も投資しているとのこと。

他のアーティストも貸すこともありますが、その際は相当な使用料をもらっているでしょう。

スタジオにはアメリカ最大級のミキサーテーブルが設置されていて、機材の資産価値だけで10億円以上あるそうです。

日本には昔長者番付という芸能人の納税ランキングを国民に晒していた時代がありました。

その時代にYOSHIKIは一度だけ長者番付に出たことがあります。

(1度だけしか乗ったことがないのは基本的にYOSHIKIはアメリカ在住しており、非居住者扱いだったためです。)

この時、2億8450万円を納税しています。

日本の所得税の最高税率は45%です。

ただし、YOSHIKIが長者番付に載ったとき法改正前で40%です。

これに住民税10%を加えて50%。

つまり、YOSHIKIは最低でも5.5億円は稼いでいることが分かります。

YOSHIKIの場合車が好きなので、フェラーリを所有して節税対策もしているんでしょうね。

YOSHIKIの資産額は700億円?

噂ではYOSHIKIの資産額700億円と言われています。

YOSHIKIはあまり趣味がなく、車が唯一の趣味です。

その唯一の趣味には相当なお金を注ぎ込んでいます。

高級外車のフェラーリ2台、その他の高級国産レクサスを持っていて、普段はレクサス、休日はフェラーリと使い分けて楽しんでいると話しています。

車のコレクションなんて金持ちにしかできない趣味だね。

ただ、フェラーリとかの一部の車が資産的価値が減りずらいということで、節税対策になると言われているね。

車を数台を持っているだけで軽く数億、数十億円はありそうです。

YOSHIKIはビバリーヒルズの高級住宅に現在敷地面積300坪の自宅を所有しています。

YOSHIKIの自宅はテレビ番組『しゃべくり007SP』でも公開されています↓

白と黒のモノトーンで統一された落ち着いた雰囲気がある住宅です。

レコーディングスタジオがあったり、元々あったプールの形が嫌で改装したりとかなり金をかけています。

資産額はなんと、500億円と言われています。

YOSHIKIはロサンゼルスにはこう20年以上、1990年代半ばからずっと住んでいるんだって。

因みにYOSHIKIは首が弱いため、プールで平泳ぎやクロールをしないように注意されてるからシュノーケルをつけているんだって。

それ以外にも楽器や服やアクセサリーや香水、家具、音楽機器含めると裕に700億円超えているでしょうね。

以上、YOSHIKIの現在の年収・年収推移・資産についてまとめてみました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.