ミャンマー・ヤンゴンの風俗・夜遊びまとめ!クラブ・KTVがオススメ!

未分類

ミャンマーの主要な街といえば「ヤンゴン」「バガン」「マンダレー」「バゴー」です。

この中で最も夜遊びに適しているのは、ヤンゴンです。

ヤンゴンはダウンタウンと呼ばれるエリアが近年、開発されてきており、ドンドン夜遊びがしやすい環境が整いつつあります。

ヤンゴンのダウンタウン

 

そんなヤンゴンですが、東南アジアで夜遊びの代名詞であるゴーゴーバーはありません。

その代わりにクラブやKTVが盛んです。

 

EMPERPR(エンペラー)

エンペラーの入り口写真に写っているエレベーターを上がるとエントランスまで行くことができます。

ヤンゴンで最も有名なクラブです。

【入場料】

入場料は8000チャット(約600円)

【お持ち帰り】

連れ出し料の相場は10~13万チャット(約7300~9500円)

 

ミャンマーではキャバのことを「ディスコ」と呼んでいます。

内装はキャバと似た作りで、しゃれた音楽がなり、ステージではファッションショーが行われています。

形態もキャバと同じで、女の子と酒を飲み、気にいったコがいれば連れ出しというシステムです。

最初は吹っ掛けてくることが多いです。

店内に入ると、ソファ席に案内されます。

その後、ドリンクを飲みながらおしゃべり等を楽しみます。

 

The Music Club

music clubはパークロイヤルに直結しているクラブです。

店の看板には何故か、「club5」と書かれていますが、

同じテンポです。

music clubにいる女性は9割がフリーランサーです。

女の子以外にも、爆音のEDMを楽しんだり、生演奏を聞きながら飲めたりできます。

 

BME

BMEはインヤー湖の南に位置するクラブです。

客層は完全に現地のミャンマー人で、完全ローカルのクラブです。

観光客はやや入りずらい雰囲気がありますが、ローカル感を味わうことができます。

 

SKYWAY

コチラもローカルご用達のクラブですが、箱が大きいことのが特徴。

ビールは1杯1000チャット(80円)と破格の値段です。

ローカルとはいえ、フリーランサーも多く、相場は5~6万チャット(約4000円)。

 

FUSE(フューズ)

【入場料】

3万チャット(約2200円)

【VIP席】

ソファ席でセット料金30万ちゃっと(約3万円)

【服装】

長ズボン・靴必須

半ズボン・サンダル不可

 

フューズはミャンマーの若者に一番人気のクラブでミャンマ-プラザの4階にあります。

雰囲気的には、東京のTKみたいな感じですね。

値段は結構強気な価格設定。

フリーランサーおらず、ローカルな女の子がいますが、彼氏連れの場合がほとんどなので、あまり期待はできません。

 

Ecripse(エクリプス)

エクリプスは、フューズの隣にあるクラブです。

FUSEと同じ、ミャンマ-プラザの4階にあるクラブですが、バー要素が強めです。

まったり酒を飲みたい人向けです。

 

Pioneer(パイオニア)

【入場料】

1.5万チャット(約1200円)

 

パイオニアはフリーランサーが多いクラブで、時間帯は深夜帯から盛り上がり始めます。

客層はミャンマー人で、男女で来ることが多いです。

一般客の中にフリーランサーが混じっていて判別がつきにくかったです。

シーシャを吸うことができます。

 

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.