渡辺直美の風営してたことが判明!イメクラ写真流出!若い頃は痩せてて美人だった!

芸人

現在、日本だけではなく世界中で活躍をしている渡辺直美!

ニューヨークに在住しているようです。

直美は、インスタグラムのフォロワー数が日本で1番でもあるようです。

ビヨンセの大ファンであることも有名で、主に楽曲「クレイジー・イン・ラブ」のダンスのモノマネ芸を始め、テレビなどで多く披露するようになります。

これに伴い「和製ビヨンセ」「ブヨンセ」「吉本のビヨンセ」などとも呼ばれていました。

尊敬するお笑い芸人は岡村隆史コロッケだそうで、理由は、動きや顔で誰にでもわかる面白さを追求しているからと答えています。

幼少期は食べるものにも困るほど貧乏な生活をしていて、おかずの代わりにチラシの切り抜きを側に置いてご飯を食べたり、チラシに載っている食べ物を食べているような気分を味わうほどでした。

そんな直美ですが、風営を若い頃にやっていて、痩せていて美人だったとか。

今回は、渡辺直美の風営してたことが判明!イメクラ写真流出!若い頃は痩せてて美人だった!について調査をします。

渡辺直美は風営してたのはガチだった!イメクラ写真流出!

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

渡辺直美さんは、2008年の9月に「フラッシュ」にて、イメクラ嬢だったと暴かれました。

ハーフであるということは知っていたのですが、まさかイメクラ嬢だったとは意外です。

それもイメクラ嬢だけではなく、ピンクサロン1ヶ月、オッパイパブ2ヶ月とプロフィールに勤務歴まで記されています。

この時、直美はフジテレビの看板番組「笑っていいとも!のレギュラーアシスタントとして活躍をしていましたが、フジ側は、主婦や子供達の視聴者が多いだけに、風俗の情報は無視ができないと、契約は1年以上の予定でしたが、それよりも早い降板が検討をされていました。

吉本興業は、この記事が出る前に交渉を打診をするも約束の時間の渡辺の担当者はフラッシュ編集部に現れませんでした。

しっかりとした対応をしていれば、ここまで広がることにはならなかったのではないかと思います。

「フラッシュ」の写真はこちら!

直美の若い頃は、痩せていて可愛いですね!

19歳の頃にイメクラで勤務をしていて、20人ほどの常連客がいたようです。

風営画像の履歴書には、しっかりとピンサロ1ヶ月、オッパブ2ヶ月とプロフィールに勤務歴が真面目に書かれているようです。

現在はスキャンダルを気にしていないようです。

渡辺直美は世界中で活躍をしているので、芸能界で干されたとしても生きていけそうです。

渡辺直美が風営で勤務していた理由は家庭環境?

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

渡辺直美が夜の店で勤務していたのは、中卒でお金がなかったからではないでしょうか。

幼少期の頃に両親が離婚をして、家庭環境は貧しかったと思われます。

高校にも行っていなく、勉強が嫌いだったようです。

その後、親に猛反対をされながら家出同然の形でNSCに入ります。

中卒では、なかなかバイト先がなくて、お金には困ったと思てたようです。

バイトは「夢庵」で1日8時間働いていたとか!

さらに「夢庵」だけだはなく、夜の店でも働きます。

夜の店で働いた方が手っ取りばやいと感じたようです。

渡辺直美が風営で働いていたことに対する世間の反応

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

渡辺直美は黒歴史が流出しまくってるのに、人気者なのは凄いね!

渡辺直美の若い頃は痩せてた&美人だった!写真あり!

今では、渡辺直美は、おデブキャラで有名ですが、若い頃は痩せていて美人だったのだとか!

こちらは中学時代の渡辺直美です。

体型は今とは全然違うことが分かりますが、顔はあまり変わってない気がしますね!

直美は中学1年生の2〜3学期でイジメを受けていたことを明かしていて、死にたいと思ったこともあると話していました。

こちらは、直美の高校時代の18歳頃の写真です。

普通に可愛いいですね!

顔はあまり変わらないんですが、痩せてるだけでこんなにも違うのかと驚きがあります。

こちらはデビュー当時の写真です。

高校時代と比べると太っていることが分かります。

渡辺直美の体重・身長は?

渡辺直美の体重と身長は、公式のサイトによると身長は、157センチで、体重は、103キロのようです。

スリーサイズは、バスト130センチ、ウエスト115センチ、ヒップ120センチです。

直美のデビュー当時は71キロだったそうで、現在の体重は103キロなので、デビューから10年間で30キロも体重が増えたようです。

デビュー当時と現在の体型を比べてもかなり違うことが分かります。

ある番組でダイエットに成功をしたもののリバウンドをしてしまったとか。

中学校時代の体重は50キロだったようで、中学の頃は痩せていたので、かなりモテていたようです。

体重が増え始めた原因は、中学を卒業をしたアルバイトのようです。

ストレスや賄いの食べ過ぎで、一気に25キロも太ったようですね!

身長の157センチなのですが、他に157センチの芸能人は石原さとみ、ベッキー、二階堂ふみなど数多くの芸能人がいることでも有名です。

渡辺直美は台湾のハーフ?

渡辺直美は、父親が日本人で、母親が台湾人でハーフのようです。

お姉さんは、台湾に住んでいられるようです。

両親は、幼い間に離婚をされたようで、直美は母親に引き取られたようです。

二人は離婚後も日本で生活をしていましたので、18歳のなるまで日本語は少しカタコトだったようです。

現在では問題なくこなしているので、日本語の能力はかなり向上をしたのではないでしょうか!

台湾に住む母方の親戚がいるのですが、直美は母と日本にいながらも夏休みなどの長期休養には、丸々台湾で過ごすことが多く、母親の親戚にお世話になることが多かったようです。

台湾に住む親戚達には、スレンダーな人達が多いみたいで、直美が姉と慕っているリンジンリーは、スリムでかつ美人で有名だそうです。

リンジンリーは、純粋な台湾人であり、正確には直美の姉ではないようです。

日本人と台湾人はどっちが貞操観念が強い?

日本人と台湾人に比べて、台湾人の方が貞操観念が強いと言われています。

台湾の女性は、男性より優位の雰囲気があり気が強いようです。

文化や言語が異なるから、考えが異なるのが、一つの理由と見ていて、台湾は原住民や内省人、外省人、客家など様々な人が住んでおり、中国語もストレートな言葉であるようです。

様々な価値観を持つ人とうまく折り合うには、日本みたいな分かり合う文化ではなくて、お互いが主張して、分かりあわなくてはならないようです。

台湾の男性の人達は、優しい人が多いようで、海外帰国組も多いので、日本よりレディーファーストの感覚があります。
お互いの連絡が頻繁なのも特徴で、今は、スマホもあるし、LINEやFACEBOOKで連絡を取り合うのが便利ですよね!
日本人カップルは連絡が一日数回だったり、同棲していなければ一週間に数日または一回会うか会わないかなのですが、台湾の人はとにかく電話が多くて、こまめに連絡をし合うみたいです。
2から3日、平気で連絡を取らない状態が続くと愛されていないと思われるので、連絡はまめに取った方がいいようです。
パートナーを友人や家族に気軽に紹介するのも特徴で、台湾では付き合う異性を親や親戚に紹介するのがとってもフランクなようです。

彼女ができたら、友達に紹介するのは当たり前のようで、男友達の遊びにも彼女を連れて行くようで、すごい人数で大移動ってこともあるようですね!

日本では、遠慮をしてしまうことでも、台湾では非常にフランクなことが分かります。

以上、渡辺直美の風営についてまとめてみました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.