勉三さんの美人な彼女の名前は?年齢/大学/メガネ/声優は?

アニメ

国民的大人気アニメのキテレツ大百科。

一昔前にアニメの放送が開始されると、不思議な道具を使い、現実では叶えきれない夢を叶えるキテレツ大百科は、全国のお茶の間を魅了しました。

不思議な道具の中には、原理が全く分からずに謎が多い道具がものすごくあります。

そんな不思議な道具を使い、夢を叶えていくキテレツ大百科。

しかし、道具についての謎だけではなく、キャラクターたちにも数多くの謎があります。

そんなキャラクターたちには皆それぞれ調べるまで知らなかった設定や過去を沢山持っていました。

今回は、そんな謎の多いキャラクターの中でも、アニメを見ているだけではでは全く素性のつかめない勉三さんについて調べてきました。

それでは勉三さんの秘密を見ていきましょう。

勉三さんの美人な彼女の名前は?

万年浪人生でおなじみの勉三さん。

浪人しているのにキテレツたちと遊んだりなど、志望校に合格する気が無いように見える勉三ですが、そんな彼にはな彼女がいます。

キテレツたちと遊ぶだけでは物足りず、女遊びまでしてるとなると当然志望校には合格できません。

しかし、そんな事はどうでもよくなるぐらい勉三の彼女は美人です。

そんな彼女の名前は、友紀さんと言います。

友紀さんとの出会いは、公共交通機関のバスでした。

勉三はバスで初めて友紀さんを見た時に、ひとめぼれをしてしまいます。

しかし、どんなに友紀さんにアタックしても裏目に出てしまい、最初は避けられてしまいます。

そんな勉三は、キテレツの発明品で友紀さんの意中の人になることができます。

ですが、こんな道具に頼って好きになってもらっても意味がないという事に気付き、キテレツに道具を返してしまいます。

その時に勉三は、キテレツに道具に頼って友紀さんを手に入れても意味がないし、ちゃんと告白してダメだったら諦めると自分の素直な気持ちを明かしていました。

そんな勉三の言葉を聞いた友紀さんは、勉三さんの男らしさに胸を打たれて付き合う事になるのです。

その後、キテレツの発明品により、二人とも記憶喪失になってしまいます。

しかし、勉三さんはしっかりと友紀さんをピンチから救い出すことができ、見事にまたお付き合いが始まるのでした。

そんな勉三ですが、原作では君子さんという人と付き合っています。

付き合うきっかけであんなにかっこいいこと言っていたのに浮気しているのかよと突っ込みたくなる人がいると思いますが、一度こらえてください。

実はこの君子さん、原作で名前が違うだけで友紀さんと君子さんは同一人物です。

アニメと原作の壁により名前が違っていますが、勉三さんが好きなのは、友紀さんだけみたいです。

勉三さんの年齢は?

高校を卒業し、浪人している勉三さんですが。

アニメで見かけるたびに学生服を着ており、年齢をまったく推測できないキャラクターです。

そんな勉三さんは高校を卒業していることから18歳以上であることはわかりますが、いったい何歳なのかと疑問に思う人は少なくないと思います。

そんな勉三さんの歳は実はアニメの245話に隠されていました。

勉三さんが雪山で遭難したと話題になっていた時、ニュースで苅野勉三(25) と出てきたので歳は25歳で間違いないです。

勉三さんの大学はどこに合格した?何浪してるの?

アニメで万年浪人生をやっている勉三さんですが、勉三さんは大学に合格することができたのでしょうか。

結論からいいますと、勉三さんは高尾大学に合格しています。

また、高尾大学はクラスで一番の成績を収めているトンガリが通った大学でもあるため、レベルは相当高いです。

しかし、勉三さんはその高尾大学に入学するまでに6浪しています。

いくらいい大学に入学できたからと言って、6浪してしまうのは少し残念な人物です。

さらに、入学後も、提出物をギリギリまで放置したり、試験に落ちてしまい落第したりと、勤勉とは言い難い成績を残してしまっています。

しかし勉三さんが山形にいたころは、地域代表として活動しているシーンをよく見かけるため、勉三さん自身ができの悪い人間だとは言えません。

そのことから、高尾大学はかなりレベルの高い大学だったことが言えます。

勉三さんがメガネを外すと?

勉三さんと言えば、浪人以外にもあの特徴的な丸にぐるぐるの眼鏡で有名です。

勉三さんの眼鏡を取ったシーンはなかなか出てこず、あの眼鏡の下はどうなっているのか気になっている人も多いと思います。

アニメや原作では一切素顔を見せなかった勉三さんですが、最近とある作品で眼鏡をはずしたシーンが目撃されました。

その作品とは、大人気アニメのドラえもんです。

ドラえもんは、同じ藤子作品という事で世間に知られており、キテレツとのび太は従妹関係にあるため、ドラえもんに勉三さんが出てきてもおかしくはありません。

そんな勉三さんの眼鏡の内側は、数字の3になっていました。

のび太の眼鏡をはずしたときの目も3なので、まぁそうなのかなと予想していた人は多いのではないでしょうか。

勉三さんの車の車種は?

勉三さんは、万年浪人生でかなり貧乏なイメージがあり、車なんて持っていたっけ、という人も多いのではないでしょうか。

実際に勉三さんは、立派なマイカーを持っており、アニメでも度々その車は登場しています。

しかし、勉三さんの愛車は、雨漏りするほどの年代物でかなりポンコツです。

さらに、坂道を登るときは、エンジンが故障するという難病を抱えています。

ここだけ聞くと、立派なマイカーとはずいぶんかけ離れていますが、勉三さんの愛車が立派な理由は、車種にありました。

勉三さんが乗っているあの赤い車の車種は、あの知る人ぞ知るミニクーパなのです。

知っている人はかなり乗りたい車種ではないのでしょうか。

そんな事よりも勉三さんがミニクーパに乗っているという事実はかなり知られていない事実なのではないでしょうか。

勉三さんの口癖は「だす」

常に敬語で話しており、一人称はワス、さらに~だすと語尾にダスを付けるといったかなり変な喋り方をする勉三さん。

このじゃべり方は、アニメで勉三さんをキャラだてするために取り入れた独自の喋り方なのではないかという人が多いのではないでしょうか。

確かに、実際に~だすと言っている人を見かけることはなかなかないので、そう思う人も多いはずです。

しかし、この訛りは実際に東北訛りの喋り方だと言われています。

この情報は、勉三さんが山形出身の人間であることから正しい情報だと言えるでしょう。

勉三さんの声優は誰?

最近日本では、アニメブームが起こっており、毎日数多くのアニメ作品が放送されています。

そんなブームの中アニメの内容だけではなく、声優に詳しい人達通称声優オタクと呼ばれる人たちも登場しています。

そんな声優オタクの方でも勉三さんの声優って誰、と聞かれると答えれない人が多いです。

そんな勉三さんの声優は肝付兼太(きもつき かねた)です。

肝付兼太は、藤子・F・不二雄にかなり気に入られており、藤子作品には原作者指名で必ずと言っていいほど出演しています。

あの有名な藤子作品の骨川スネ夫役としても有名な声優で、ディズニーのキャラクターの声優も務める程の実力の持ち主です。

また、少年から老人、人外の化け物の役までできるなどバリエーションは豊富で、異性の老婆役までできるといったハイスペックな声優です。

しかし、2016年の10月20日に亡くなってしまい、多くのファンが悲しみました。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.