イケメン歌手ランキングTop30【海外の美少年・ハンサム】

歌手

白人というだけで、イケメンと感じる方は多いのではないでしょうか。

白人外国人は外国人特融の、顔のパーツが整っている印象を受けますよね。

そんな白人外国人のイケメン歌手を30名見て行きましょう。

何度か日本に来日したアーティストもご紹介しますので、少しは身近に感じられる方もいるはずです。

もちろん、彼らの代表的な楽曲もご紹介しますので、普段はあまり洋楽を聴かないという方も、この機会にぜひ洋楽を聴いてみてはいかがでしょうか。

30位 ShawnMendes(ショーン・メンデス)

ShawnMendes(ショーン・メンデス)

https://musicfinder-mrv.com/?p=3500

3枚目のシングル「Stitches」が大ヒットしたことでブレイクを果たした、カナダ・トロント出身のショーン・メンデス。

小顔&スタイル抜群ということで、有名になっているイケメン歌手です。

彼の発売する楽曲は、すべてショーン・メンデス自身が手掛けており、その世界観が良い!と噂になっています。

彼の作る楽曲は基本的にキャッチ―なものになっていて、誰もが楽しめる楽曲でもあります。

さらに、ショーン・メンデスの歌声がキレイということで、男女問わずに人気があるのも魅力のひとつではないでしょうか。

ショーン・メンデスの代表曲は、「If I Can’t Have You」「Treat You Better」「There’s Nothing Holdi’n Me Back」「I Know What You Did Last Summer」などです。

29位 Justin Bieber(ジャスティンビーバー)

Justin Bieber(ジャスティンビーバー)

https://studentwalker.com/music-nice-guys

世界のスーパースター・カナダ出身のジャスティンビーバー。

ジャスティンビーバーは日本でも有名ですが、日本だけではなく世界でも大活躍をしています。

2018年には、ジャスティンビーバーの総資産額が225憶だと報じられました。

若干24歳にして225憶の総資産だなんて…想像つかないですよね。

ジャスティンビーバーの代表曲は、「Baby」「Sorry」「Somebody To Love Remix」です。

Sorry」に関しては、世界各国で26憶万回以上の再生回数を誇っている、まさにジャスティンビーバーの代表曲といっても過言ではないでしょう。

イケメン歌手と世界で騒がれているジャスティンビーバーですが、実はスキャンダルが多いことでも知られています。

公にされているスキャンダルは、パパラッチ、高級車での危険運転、飲酒運転、隣人との喧嘩、期限切れ運転免許証での自動車の運転などです。

これらのスキャンダルが報じられてもなお世界各国にファンがいるのですから、ジャスティンビーバーは今後も安泰なのではないでしょうか。

28位 Enrique Iglesias(エンリケ・イグレシアス)

Enrique Iglesias(エンリケ・イグレシアス)

https://sneakerwars.jp/celebs/celeb/222

スペイン・マドリード出身のエンリケ・イグレシアス。

エンリケ・イグレシアスの楽曲は、海外のクラブハウスなどで頻繁に流れることで有名です。

実は、エンリケ・イグレシアスの両親は超が付くほどのお金持ちで、幼少期から欲しいものは何でも買い与えられ、家の中は自分の好きなもので溢れかえっていました。

そんな幼少期を過ごしてきたので、自分で稼げるようになってからはシンプルな生活を好むようになりました。

エンリケ・イグレシアスの代表曲は、「Bailamos」「Hero」です。

Bailamos」は、自動車会社トヨタの「MR-S」のCMにも起用され、故・西城秀樹もカバーした楽曲として、日本でも愛されている楽曲のひとつです。

Hero」は、2002年のドラマ「恋するトップレディ(フジテレビ)」の主題歌として親しまれていました。

27位 Sam Feldt(サム・フェルド)

Sam Feldt(サム・フェルド)

https://studentwalker.com/music-nice-guys

オランダ・ボクステル出身のサム・フェルド。

可愛いらしい笑顔とオールバックヘアーが、彼のトレードマークです。

オシャレだという噂もあり、サム・フェルドのインスタのフォロワー数は2020年4月現在40.9万人もいます。

サム・フェルドの代表曲は、「Fade Away」「Open Your Eyes」「What About The Love」などです。

サム・フェルドの楽曲は、ダンサンブルで楽しい曲調ということで日本でも人気.

2019年11月29日には、東京渋谷WOMBのパーティーにも登場しました。

26位 Otto Knows(オットー・ノウズ)

Otto Knows(オットー・ノウズ)

https://studentwalker.com/music-nice-guys

スウェーデン・ストックホルム出身のオットー・ノウズは、主にDJとして活躍をしています。

オットー・ノウズは、ロン毛なのにイケメンだと噂になっていて、顔もバッチリ整っていて美形です。

2018年4月20日、オットー・ノウズの幼少期からの親友でDJとして活躍していたAvicii(アヴィーチー)が突然の死を遂げました。

オットー・ノウズはそこから約10か月もの間、歌手活動はもちろん、インスタなどのSNSも発信しない日が続き、彼のファンの不安は計り知れないものとなったのです。

アヴィーチーの突然の死から10か月後の2019年2月1日、オットー・ノウズは久しぶりにインスタを更新し、新曲をリリースすることを発表したのです。

その新曲「One In A Million」では、「I don’t really worry though(本当に心配しないで)」というAviciiに当てたメッセージのような歌詞も含まれていて、注目を浴びました。

オットー・ノウズの代表曲は、「Next To Me」「Back Where I Belong」などです。

25位 Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)

Jason Mraz(ジェイソン・ムラーズ)

https://girlschannel.net/topics/1769200/

アメリカ・ヴァージニア州出身のジェイソン・ムラーズ。

主にポップソングを、ラップ調で歌っています。

ジェイソン・ムラーズの代表曲は、「I’m Yours」「Geek In The Pink」「The Remedy」「Life is Wonderful」「Lucky」などです。

I’m Yours」は、世界各国で1位を獲得した楽曲で、全米ではミリオンセールスを記録した有名曲でもあります。

「もうこれ以上は待てないんだ、僕は君のものさ」という歌詞が特徴的で、多くの女性ファンを虜にもしました。

Lucky」は、第52回グラミー賞で「最優秀ポップコラボレーション賞」を受賞するなど、自他共に認める傑作バラードでもあるでしょう。

24位 Chester Bennington(チェスター・ベニントン)

Chester Bennington(チェスター・ベニントン)

https://girlschannel.net/topics/1769200/

ロックバンド「Linkin Park(リンキン・パーク)」のボーカルを務めていた、アメリカ・アリゾナ州出身のチェスター・ベニントン。

2017年7月20日に41歳の若さで自殺をしてしまったのですが、没後もチェスター・ベニントンのファンは多くいます。

リンキン・パークの活躍は輝かしいもので、「21世紀で最も売れているバンド」とも言われていました。

リンキン・パークの代表曲は、「Numb」「Breaking The Habit」「Faint」「Crawling」「Castle of Glass」です。

B’z・稲葉浩志もリンキン・パークを尊敬しており、2011年3月11日に起こった東日本大震災のときには、復興支援LAライブでリンキン・パークと共演もしています。

そんな輝かしいバンドのボーカルを務めていたのですから、チェスター・ベニントンの人生も明るいものだったに違いありません。

しかし、実はチェスター・ベニントンは元々病弱で、毒蜘蛛に腕を噛まれたり、アルバムの制作中に健康面で悩んだり、手首に怪我をしたり…健康面で問題を抱えていました。

晩年で最も人生を狂わせたのは、親友Chris・Cprnell(クリス・コーネル)の自殺です。

チェスター・ベニントンの自殺した日は、クリス・コーネルの誕生日だといいますから、何か思うことがあり、親友と同じ地にいきたいと思ってしまったのでしょうか。

23位 Alexander David Turner(アレックス・ターナー)

Alexander David Turner(アレックス・ターナー)

https://girlschannel.net/topics/1769200/

イギリス・シェフィールド出身のアレックス・ターナー。

ロックバンド「Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)」のボーカルとしても知られています。

「アークティック・モンキーズ」は、2005年より定期的に日本公演を行っているので、一度はその楽曲を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

「アークティック・モンキーズ」が2018年5月にリリースした6作目となるアルバムは、全英アルバム・チャートで首位を獲得しており、その人気がお分かり頂けるでしょう。

同アルバムは、マーキュリー・プライズにもノミネートされているほどです。

「アークティック・モンキーズ」の代表曲は、「Brianstorm」「Teddy Picker」「My Propeller」「Leave Before the Lights Come On」などです。

アレックス・ターナーは、「アークティック・モンキーズ」で作詞を担当していて、まさに同バンドの顔とも言える存在でしょう。

アレックス・ターナーはポーカーフェイスとしても有名で、それ故にカッコよさが際立っていると見ているファンも多いです。

22位 James Blake(ジェイムスブレイク)

James Blake(ジェイムスブレイク)

http://blog.bondinc.co.jp/style/3678/

イギリス・ロンドン出身のジェイムスブレイク。

2011年にリリースしたデビューアルバム「James Blake」では、マーキュリー賞にノミネートされ、第56回グラミー賞では最優秀新人賞にノミネートされた経験があります。

当時は「期待の新人」ということで、世間の注目を集めましたが、2020年現在は、その歌声とイケメンという容姿から、ファンが急上昇している人物でもあります。

2016年には、ビヨンセがリリースしたアルバム「Lemonade」内の「Forward」でゲストボーカルとして参加もしています。

ジェイムスブレイクの代表曲は、「Limit To Your Love」「Fall Greek Boys Choir」などです。

これ以外にも、他アーティストに楽曲を提供しており、主な提供曲は、ジェイ・Zの「4:44」、ケンドリックラマーの「DAMN」などです。

21位 Charles Otto Charlie Puth(チャーリー・プース)

Charles Otto Charlie Puth(チャーリー・プース)

https://news.line.me/articles/oa-harpersbazaar/0d60a22f3c19

アメリカ・ニュージャージ―州出身のチャーリー・プース。

2014年の映画「ワイルドスピードSKY MISSION」の主題歌を務めたことで、知名度を上げました。

そのことで「イケメン!」と噂されるようになったチャーリー・プースですが、その甘い歌声に心打たれる女性は数知れずといった存在です。

日本のイベント「SUMMER SONIC 2016」に参加し、そこで日本の女性ファンが急上昇したことでも知られています。

チャーリー・ブースの特徴は、右眉毛です。

実は、2歳のころにラブラドール・レトリバーに噛まれ、400針も塗った傷跡だというのです。

聞いているだけで痛々しいですが、今となってはそれもチャーリー・プースのひとつの特徴となっています。

彼のその眉毛を真似する若者も多いようですよ。

チャーリー・プースの代表曲は、「We Don’t Talk Anymore」「Betty Boop」「Marvin Gaye」「Done for Me」などです。

20位 Zain Javadd Malik(ゼイン・マリク)

https://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/26504.html

「ワン・ダイレクション」を脱退した際には、日本でも大きなニュースとなり、その脱退理由に注目が集まりました。

世界的に有名なバンドで活躍していたゼイン・マリクですが、実は「プライベートな時間が持てる普通の22歳になりたい」という理由で「ワン・ダイレクション」を脱退しています。

未だに元メンバーを親友と呼んでいますので、これは建前上の脱退理由ということではなさそうですね。

「ワン・ダイレクション」の日本での有名曲は、「めざましどようび(フジテレビ)」の主題歌に起用された「Live While We’re Young」です。

さらに、「Story of My Life」は、NTT docomoのCM曲としても親しまれていた楽曲でもあります。

ゼイン・マリクは、瞳の色がヘーゼルということも相まって、女性ファンが多い人物でもあります。

19位 Andrew Taggart(アンドリュー・タガ―ト)

Andrew Taggart(アンドリュー・タガ―ト)

http://kikitimes.com/archives/13751

DJプロデューサーデュオ「The Chainsmokers(ザ・チェインスモーカーズ)」のメンバーで、アメリカ・メイン州出身のアンドリュー・タガ―ト。

「ザ・チェインスモーカーズ」は、リリースする曲が次々ヒットしていることでも有名で、代表曲は4週連続でNo.1を獲得した「Closer」、その他にも「Sick Boy」などです。

誰が聞いてもどこかで共感できるという楽曲を作っており、若者の間で親しまれている歌手でもあります。

アンドリュー・タガ―トは「ザ・チェインスモーカーズ」がリリースする楽曲の作詞を手掛けており、その中には自身の苦悩と葛藤の実体験も含まれています。

イケメンなのに、なかなかの苦悩や葛藤が過去にあったということで、アンドリュー・タガ―トのことを身近に感じているファンも多いのです。

18位 Tyler Joseph(タイラー・ジョゼフ)

https://www.pinterest.jp/pin/779193173005804157

「Twenty One Pliots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)」のメンバーで、アメリカ・オハイオ州出身のタイラー・ジョゼフ。

「トゥエンティ・ワン・パイロッツ」の代表曲は、「Heathens」です。

同楽曲は、2016年の映画「スーサイド・スクワッド」のテーマ曲で、全米2位という記録をたたき出し、世界的にも有名な楽曲でもあるでしょう。

「トゥエンティ・ワン・パイロッツ」はグラミー賞に何度もノミネートされており、最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス受賞した経験もあります。

白人ならではの整った顔立ちが印象的なタイラー・ジョゼフは、女性ファンが多いことでも知られています。

17位 Josh Dun(ジョシュ・ダン)

Josh Dun(ジョシュ・ダン)

https://instagrammernews.com/detail/1215604452633987216

18位のタイラー・ジョゼフと共に「Twenty One Pliots(トゥエンティ・ワン・パイロッツ)」として活躍している、アメリカ・オハイオ州出身のジョシュ・ダン。

ジョシュ・ダンは、その整った顔立ちでイケメンと噂がありましたが、2018年12月23日に投稿した自身のインスタによって、女性ファンが更に急上昇することとなったのです。

それは、女優でシンガーのDebby Ryan(デビー・ライアン)との婚約を、ジョシュ・ダンが彼女にプロポーズしている姿と一緒に公表したからです。

ひざまずいてプロポーズする姿はまるで映画のワンシーンを見ているかのような美しさで、一緒に登校されたコメントからも、彼女への愛情がたっぷり感じられるものだったのです。

「ニュージーランドで森の中にツリー・ハウスを発見し、マイ・ガールにプロポーズした。彼女は生涯、僕の相棒だ。愛してるよ、デビー」

これは、女性ファンが増えるのは間違いないですよね。

16位 Joe Jonas(ジョー・ジョナス)

Joe Jonas(ジョー・ジョナス)

http://www.mtvjapan.com/news/vs4na5/190404-05

ロックバンド「DNCE」のメインボーカルを務めている、アメリカ・アリゾナ州出身のジョー・ジョナス。

「DNCE」の代表曲は、「Cake By The Ocean」です。

同楽曲は全米9位の大ヒット曲となり、プラチナム認定も受けています。

ジョー・ジョナスはウエイトアップに励んでいることをSNSで明かしており、マッチョ系イケメンとしても有名であるでしょう。

2019年に女優Sophie Turner(ソフィー・ターナー)と結婚をしたのですが、それまで女性経験が1回もなかったと公言しており、そのピュアさに女性ファンが急上昇したことでも知られています。

15位 James Bay(ジェームズ・ベイ)

James Bay(ジェームズ・ベイ)

https://www.barks.jp/news/?id=1000122658

イギリス・ハートフォードシャー出身でシンガーソングライターのジェームズ・ベイ。

第58回グラミー賞では、3部門にノミネートされた実力の持ち主で、ブリット・アワード2016でも、最優秀ブリティッシュ男性ソロ・アーティスト賞を受賞しています。

リリースする楽曲が何度も有名になっていて、イギリスでは知らない人はいないシンガーと言っても過言ではないでしょう。

ジェームズ・ベイがイケメンだと言われている理由は、独特のファッションセンスと演奏している姿です。

21位でご紹介したチャーリー・プース同様、日本のSUMMER SONIC 2016に出演をしたジェームズ・ベイですが、ここで日本人ファンも増えたと言われています。

ジェームズ・ベイの代表曲は、「Let It Go」「If You Ever Want to Be in Love」「Scars」などです。

14位 Luke Bryan(ルーク・ブライアン)

https://www.cinematoday.jp/news/N0089121

アメリカ・ジョージア州出身で、カントリー歌手のルーク・ブライアン。

アメリカで、イケメンシンガーとして有名になっています。

リリースしたシングルほぼ全てが、カントリー・チャートで首位を記録しており、そのスーパースター加減がお分かり頂けることでしょう。

2017年には、NRGスタジアムで開催された第51回スーパーボウルで、アメリカ国家を独唱しました。

ルーク・ブライアンの代表曲は、「Knockin’Boots」「Play It Again」「Do I」「Strip It Down」などです。

13位 Gerald Earl Gillum(G・イージー)

Gerald Earl Gillum(G・イージー)

https://front-row.jp/_ct/17156799

白人系ラッパーで、ワイルド系のイケメンだと噂されているアメリカ・カリフォルニア州出身のG・イージー。

2015年、きゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」をサンプリングしたことで、日本でもG・イージーに注目が集まりました。

2017年には、Kehlani(ケラーニ)とのコラボ楽曲「Good Life」が2017年の映画「ワイルドスピードICEBREAK」のサウンドトラックに起用され、世界的に有名となったのです。

同年8月には、G・イージーとケラーニが日本に初上陸し、SUMMER SONIC2017に参加したことでも知られており、その影響で日本人ファンも多いです。

G・イージーの代表曲は、「Me,Myself&I」「No Limit」「I Mean It」です。

12位 Jesse McCartney(ジェシー・マッカートニー)

Jesse McCartney(ジェシー・マッカートニー)

https://matome.naver.jp/odai/2141661300080695901

アメリカ・ニューヨーク州出身のジェシー・マッカートニー。

両親が芸能人ということで、7歳のころより芸能界で活躍をしており、子役のときは可愛い印象だったのに、大人になった途端にイケメンになった!と噂されています。

ブロンドヘアーに緑色の瞳ということで、海外ファンも多いアーティストのひとりです。

2000年には、「Dream Street(ドリームストリート)」に最年少メンバーとして加入しました。

2002年に同グループが解散した後はソロに転向し、プロデューサーとしても活躍をしています。

プロデューサーとしての実績は、Leona Lewis(レオナ・ルイス)に提供した「Bleeding Love」で、同楽曲はイギリスでNo.1ヒットを飛ばした楽曲として有名です。

ソロとしての代表曲は、「Beautiful Soul」「Leavin’」「She’s No You」などです。

Beautiful Soul」はアメリカビルボードで16位を記録し、同楽曲を収めているアルバム「Beautiful Soul」は、アメリカでゴールド認定、オーストラリアでプラチナ認定されました。

11位 Alex Band(アレックス・バンド)

Alex Band(アレックス・バンド)

https://matome.naver.jp/odai/2141661300080695901

ロックバンド「The Calling(ザ・コーリング)」のボーカルで、アメリカ・カリフォルニア州出身のアレックス・バンド。

「ザ・コーリング」がリリースする楽曲のほどんとの作詞は、アレックス・バンドが手掛けています。

5歳の頃には既に、アーティストとして人生を歩みたいという夢を持っていたアレックス・バンド。

8歳のころには独自にレコーディングを始めていたといいますから、驚きですよね。

「ザ・コーリング」の代表曲は、「Wherever You Will Go」「Could It Be Any Harder」「Our Lives」「Adrienne」などです。

10位 Taylor Hanson(テイラー・ハンソン)

Taylor Hanson(テイラー・ハンソン)

https://matome.naver.jp/odai/2141661300080695901

アメリカ・オクラホマ州出身のテイラー・ハンソン。

テイラー・ハンソンは、兄のアイザック・ハンソン、弟のザッカリー・ハンソンの3兄弟で構成されたバンド「Hanson(ハンソン)」のメンバーです。

3兄弟という異色のバンドではありますが、3人ともイケメン。

その中でも、万人受けする顔ということで、テイラー・ハンソンの人気が最も高いといえるでしょう。

ちなみに、テイラー・ハンソンは兄のアイザック・ハンソンよりも先に結婚をしています。

 

「ハンソン」の代表曲「キラメキ☆MMMBOP」は、世界24か国でチャート1位を獲得し、第40回グラミー賞で2部門にノミネートもされた有名曲です。

2004年11月には、初の日本ツアーも行われ、東京・大阪・名古屋の3都市を回ったことで日本人ファンが増えました。

9位 Avicii (アヴィーチー)

Avicii (アヴィーチー)

https://www.vogue.co.jp/celebrity/deep-talk/2018-05-24

スウェーデン・ストックホルム出身のアヴィーチー。

若い頃に楽曲の世界観はもちろん、自身がイケメンということで有名になりました。

アヴィーチーの代表曲は、「Don’t Hold Back」「Seek Bromance」「Levels」です。

Seek Bromance」は、全英シングルチャートなど、10か国のチャートでTOP20を記録した大ヒット作品です。

Levels」は、第55回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティング賞にノミネートされました。

このような大活躍をしていたアヴィーチーでしたが、28歳のときに自殺をしてしまいました。

このニュースは日本でも取り上げられ、世界各国にいる彼のファンは、悲しみに暮れることになりました。

8位 Axl Rose(アクセル・ローズ)

Axl Rose(アクセル・ローズ)

http://jin115.com/archives/51945795.html

アメリカ・インディアナ州出身のアクセル・ローズ。

世界的に有名なロックバンド「Guns N’ Roses(ガンズ・アンド・ローゼズ)」のボーカルを務めています。

アクセル・ローズは、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」で第64位に選ばれており、世界的に有名なイケメンシンガーでもあります。

1962年生まれのアクセル・ローズは、ここでご紹介している若者アーティストに比べると年齢を重ねているので、「イケメンだった」という表現のほうが正しいかもしれません。

というのも、現在は少々太り気味なのです。

ですが、若かりし頃の写真を見てもらうと分かる通り、女性のような長い髪の毛であるのに、イケメンであることが分かりますよね。

「ガンズ・アンド・ローゼズ」の代表曲は、「PARADICE CITY」「DON’T CRY」「PATIENCE」「 YOU COLD BE MINE」などです。

7位 Andy Biersack(アンディ・ビアサック)

Andy Biersack(アンディ・ビアサック)

https://ameblo.jp/michelle366/entry-12195830256.html

メタルバンド「Black Veil Brides(ブラック・ベイル・ブライズ)」のボーカルで、アメリカ出身のアンディ・ビアサック。

アメリカでは、エモファッションのカリスマとして、若者を中心に人気を集めているイケメン歌手です。

「Andy Black(アンディ・ブラック)」名義でソロ活動も行っており、SUMMER SONIC 2016に出演したことで、日本人ファンも多いことで知られています。

「ブラック・ベイル・ブライズ」の代表曲は、「In The End」「Revelation」「Never Give In」などで、メタルバンド「Kiss」に影響を受けた楽曲ばかりがリリースされています。

6位 Dan Smith(ダン・スミス)

Dan Smith(ダン・スミス)

http://big-celeb.jp/i/2017/11/post_12468-entry.html

ロックバンド「Bastille(バスティル)」のボーカル・ダン・スミス。

「バスティル」は、デビューアルバムである「BAD BLOOD」がUKチャート1位を獲得するなど、有名なバンドでもあります。

2014年には、ブリティッシュ・ブレイクスルー・アクト賞を受賞しています。

ダン・スミスは、優しい笑顔のイケメンとして知られており、その笑顔に癒される女性も多いのだとか。

「バスティル」の代表曲は、「Weight Of Living」「Of The NightOblivion」「Tuning Out…」「Previously On Other Peaple’s Heart」などです。

5位 Tom Michael Fletcher(トム・フレッチャー)

Tom Michael Fletcher(トム・フレッチャー)

https://www.daily.co.jp/gossip/foreign_topics/2016/10/10/0009569034.shtml

ポップ・ロックバンド「Mcfly(マクフライ)」のボーカルを務めているトム・フレッチャー。

「マクフライ」は日本でも人気のバンドで、過去に4度来日をしています。

トム・フレッチャーはミュージシャンとしてだけではなく、『ザ・クリスマザウルス』という児童書も発売しています。

この『ザ・クリスマザウルス』は映画化もされ、トム・フレッチャーの可能性を広げることともなりました。

1児の父親のトム・フレッチャーは、自身のSNSで子育ての様子をたびたび投稿することでも知られています。

その投稿を見たファンからは、「イケメンパパ」と噂されています。

「マクフライ」の代表曲は、「Love Is Easy」「Down Down」「Surfer Babe」などです。

4位 ZEDD(ゼッド)

ZEDD(ゼッド)

https://party-channel.com/archives/10203

DJおよび音楽プロデューサーで、ドイツ・カイザースラウテルン出身のゼッド。

ゼッドの発表する楽曲は、すぐに世界的に有名になることでも知られています。

ゼッドが手掛ける楽曲の世界観だったり、そもそもゼッドがイケメンということも理由の一つでしょう。

ゼッドの代表曲は、「The Anthem」「Shave It Up」「Spectrum」です。

2012年にジャスティン・ビーバーがリリースしてメガヒットを記録した「Beauty and a Beat」は、ゼッドが手掛けた楽曲です。

Ariana Grande(アリアナ・グランデ)のヒット曲「Break Free」も、ゼッドが手掛けています。

3位 Kygo(カイゴ)

Kygo(カイゴ)

https://party-channel.com/archives/27298

DJおよび音楽プロデューサーとして活躍している、シンガポール出身のカイゴ。

目鼻立ちのハッキリした顔、優しくてきれいな歌声が印象的な、イケメンシンガーです。

2016年に開催されたリオ五輪の閉会式に出演し、Julia Michaels(ジュリア・マイケルズ)と共に「Carry Me」を歌いあげたことで、世界的に有名になりました。

さらに、ノーベル平和賞コンサートでにも出演し、歌声を披露したのです。

このように、数々の大舞台に立っているカイゴ。

シンガポールでは知らない人はいないくらいの、活躍を見せてくれています。

カイゴの代表曲は、「Here for You」「Cut Your Teeth」「Carry On」「Stargazing ft.justin Jesso」などです。

2位 James McVey(ジェームズ・マクヴェイ)

James McVey(ジェームズ・マクヴェイ)

https://ameblo.jp/thatgirl312/entry-11529284514.html

ジェームズ・マクヴェイは、歌手だけではなく俳優としても活躍しているので、その人気を伺い知ることが出来るでしょう。

「ザ・ヴァンプス」の代表曲は、「Wild Heart」「Oh Cecilia」「Can We Dance」「Somebody To You ft. Demi Lovato」です。

ジェームズ・マクヴェイは、正統派イケメンと言われています。

白人ならではの整った顔立ちと堀の深い目元が印象的ですね。

1位 Bradley Simpson(ブラッドリー・シンプソン)

Bradley Simpson(ブラッドリー・シンプソン)

https://ameblo.jp/thatgirl312/entry-11529284514.html

2位のジェームズ・マクヴェイと同じ「ザ・ヴァンプス」のメンバーで、同じくボーカルを務めているブラットリー・シンプソン。

ブラッドリー・シンプソンも整った顔立ちで、女性ファンが多いメンバーのひとりです。

「ザ・ヴァンプス」は日本で来日公演もしており、その時はチケットがすぐに完売したほどの人気を誇っています。

ブラットリー・シンプソンは、「ザ・ヴァンプス」がリリースするほとんどの楽曲の作詞作曲さらには編曲まで手掛けている、才能あふれる男性です。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.