元ヤンキーの女性の芸能人20選【女優とアイドル率高め!美女が多い?】

女優

現在、芸能界の第一線で活躍している女性芸能人の中には、元ヤンキーだということを公表している方もいます。

芸能界は、複雑な過去がある方が生き残るとも言われていますが、彼女たちはいったいどういう理由でヤンキーになってしまったのでしょうか。

元ヤンキーとして有名な、女性芸能人を20名見て行きたいと思います。

ヤンキー時代の武勇伝なども、併せてご紹介していきますよ。

では、さっそく元ヤン女性芸能人を見て行きましょう。

佐々木希

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐々木希(@nozomisasaki_official)がシェアした投稿

「秋田美人」との呼び声も高い佐々木希。

実は、中学2年生の頃からヤンキーになり、結構荒れていたとされています。

中学校には最初の1年しか通っておらず、中学の卒業アルバムには中学1年生のころの写真が使われたほどです。

ヤンキーになってしまった理由は、佐々木希の父親が仕事中に事故に遭ってしまったことがきっかけです。

事故後、回復はしたものの後遺症が残ってしまい、佐々木希の父親は、その後遺症のせいで自殺をしてしまったのです。

中学生という多感な時期での父親の自殺は、佐々木希に大きな傷跡を残したのでしょう。

父親の自殺直後から、佐々木希は荒れ始めたとされています。

父親のお葬式では、父親の棺を足で蹴ったという噂もありますので、自分を置いて自殺してしまった父親が許せなかったのでしょう。

佐々木希は、中学生でタバコを吸い、髪の毛も金色に染めてしまったのです。

佐々木希は秋田県出身ですが、秋田県にはヤンキーが集まって競う、「喧嘩祭り」というものが当時ありました。

それは、1対1で喧嘩して戦って、負けたほうが髪の毛をバッサリ切るというものです。

佐々木希は、この喧嘩祭りに毎年参加しており、連戦連勝を記録しています。

そのことから、「秋田に希あり」とまで言われていたのだとか。

佐々木希は一時、秋田県立金足農業高校に入学したもののすぐに中退し、秋田駅近くにあったファッション雑貨屋「流行屋」でフリーターをしていました。

そこで『週刊ヤングジャンプ(集英社)』のスタッフにスカウトをされて芸能界入りを果たしています。

芸能界入りを果たしてからは、自然と性格が丸くなり、徐々にヤンキーという面影はなくなっていきました。

加藤綾子

 

この投稿をInstagramで見る

 

加藤綾子(@ayako_kato.official)がシェアした投稿


元フジテレビの看板アナウンサーで、現フリーアナウンサーの加藤綾子。

加藤綾子は、高校時代から読者モデルとして、様々な雑誌の誌面に登場していました。

加藤綾子は、国立音楽大学附属高等学校を卒業後、国立音楽大学に進んでいます。

学校名を聞くと、なんだかお嬢様が大勢いて、格式高いようにも思えますよね。

ですが、加藤綾子だけは別次元だったのです。

高校生だというのに、髪を金髪に染めてバッチリ化粧で雑誌に登場していたのです。

髪の毛に関しては、中学生のころから染めていたとされているので、かなりのヤンチャガールだったことがお分かり頂けるでしょう。

加藤綾子が通っていた、埼玉県にある三郷市早稲田中学校は、当時とても荒れていました。

校内暴力、学校内での生徒の喫煙も当たり前で、窓ガラスが50枚ほど割られるという事件も起きていました。

それほど荒れていた中学校に通っていたので、「中学生なのに髪の毛を染めていた」というのは、まだ可愛い部類に入るのかもしれませんね。

ですが、2019年9月25日に発信された『週刊女性PRIME(主婦と生活社)』は、加藤綾子が不良グループ「ベンジャー」の一員で、目立った存在だったということを報じたのです。

「ベンジャー」とは、10人ほどの女性不良グループの集団で、不良かつ美人な人しか入ることが出来ないものとされています。

加藤綾子は、「ベンジャー」の中でもリーダー的存在だったと言いますから、当時から既に美人だったということでしょう。

現在アナウンサーとして活躍している加藤綾子ですが、意外な過去があったのですね。

飯島直子

 

この投稿をInstagramで見る

 

hirokazu.hamada(@hamapapa0915)がシェアした投稿


年齢を重ねても、その美しさが変わらない飯島直子。

実は、中学生時代に、神奈川県川崎市を拠点とする暴走族の一員でもありました。

当時、その暴走族のリーダーと付き合っていたらしいので、昔から美人だったという事でしょう。

飯島直子が美人だったということは、中学時代の同級生が以前インタビューで答えている事実です。

その同級生によると、飯島直子は中学時代に学校1モテていたというのです。

昔から美人だった飯島直子ですが、2016年2月28日に放送された「ウチくる!?(フジテレビ)」にゲスト出演をした際、暴走族時代のヤンキー写真を公開しています。

古いヤンキー漫画そのもの!」という視聴者のコメントが殺到しましたが、「ヤンキーでも美人!」というコメントもありました。

2010年3月10日放送の「グータンヌーボー(関西テレビ)」に出演した際には、過去の恋愛についてコメントをしています。

それによると、当時交際していた男性とデートのために待ち合わせをしていたのですが、なかなか現れなかったというのです。

その日は仕方なく自宅に帰ったと言いますが、デートの1週間後に、彼氏のお兄さんから「弟は少年院に入った」と聞かされたのです。

この彼氏が暴走族のリーダーと同一人物かは不明ですが、飯島直子がヤンキーだったからこそ、ヤンキーの男性と付き合っていたということでもありますよね。

吉瀬美智子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Michiko Kichise(@michikokichise)がシェアした投稿


年齢を重ねるごとに、その美しさが増している吉瀬美智子。

実は吉瀬美智子は、地元・福岡では有名な元ヤンで、中学の卒業アルバムでの格好は、裾が地面に付くのではないかくらいの超ロングスカートでした。

高校の卒業アルバムに関しては、金髪でワンレンヘアーだったので、相当なヤンキーだったに違いないでしょう。

吉瀬美智子がヤンキーになってしまった理由は、小学校時代に起こった両親の離婚が原因だと言われています。

離婚により母親が自宅を出て、父親の元で育てられた吉瀬美智子ですが、自分がダメだったせいでお母さんが出て行ってしまったと気に病んでいました。

そのことから、徐々にグレてしまい、結果としてヤンキーになってしまいました。

吉瀬美智子は20歳のときに、モデルを目指して上京しますが、そのころからヤンキーではなくなったとされています。

高島礼子

 

この投稿をInstagramで見る

 

福榮耕一郎(@sanefriggifukue)がシェアした投稿


数々の話題作に出演している高島礼子には、「頼れる姉御」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

実は、高島礼子は、神奈川県舞岡市で女性版暴走族の「レディース」に所属していたことを、夫の高知東生が公にしています。

さらに、21歳という若さにして、モータースポーツのA級ライセンスを取得しているので、暴走族で運転技術を磨いたからではないか?とまで言われています。

高島礼子の代表作品の中に、ヤクザ映画「極道の妻たち」があります。

この映画を見たことのある方は、「高島礼子が元ヤンでも全然違和感がない」という意見を持ち合わせているのも、面白いですよね。

柴咲コウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

柴咲コウ (@ko_shibasaki)がシェアした投稿


女優や歌手として、幅広い活躍を見せている柴咲コウ。

実は、高校生時代に荒れに荒れていて、地元の東京・池袋では有名な美人ヤンキーだったのです。

高校生なのに、毎晩池袋のクラブに出入りしていて踊り狂っていたという証言も出ています。

当時の池袋は、サバイバルナイフを振りまわすカラーギャングが全盛期だった時代です。

2000年のドラマ「池袋ウエストゲートパーク(TBS)」のモデルになったリーダーと、柴咲コウが当時交際していたという噂もありました。

柴咲コウは、今も「気の強い女性オーラ」がにじみ出ていますが、高校生当時は更に気が強かったのかもしれませんね。

小泉今日子

 

この投稿をInstagramで見る

 

Koizumi Kyoko(@kyon02chan04)がシェアした投稿


「キョンキョン」という愛称で親しまれている小泉今日子。

実は、神奈川県厚木市の女性版暴走族「レディース」の総長だったことが明かされています。

高校時代には、男性と2人乗りバイクで通学していたのだとか。

これだけでも、かなりのヤンキーですよね。

小泉今日子は高校時代から喫煙者ですが、撮影現場などで小泉今日子の喫煙現場を目撃したスタッフは、「ヤンキーっぽいタバコの吸い方」だと言っている人もいるのだとか。

未だに当時のレディースメンバーとつるんでおり、実はヤンキーが抜けていない女優だとも言われています。

あびる優

 

この投稿をInstagramで見る

 

あびる優(@yuabiru74)がシェアした投稿


一時期は多くのバラエティー番組に引っ張りだこだった、あびる優。

ですが、2005年2月16日に放送された「カミングアウト(フジテレビ)」で、万引きをしていた過去をカミングアウトしたことによって、状況が一変してしまいました。

明かされたカミングアウトによると、小学5年生のころ、友人5~6人ととある店舗の倉庫に侵入し、飲食物の入っている段ボールを箱ごと持ち出していたというのです。

しかも、この行為を半年間も続けていたのだとか。

その結果、このお店の経営は傾き、閉店に追い込まれてしまいました。

お店の人に気付かれたときも、業者のふりをして運んでいたというので、ここまで酷いことをしておきながらも逮捕歴はありません。

あびる優のこの発言により、あびる優は芸能界を干される事態となってしまいました。

同番組も、「なんで犯罪者を面白可笑しく映すんだ!」という非難の対象になってしまい、その後の視聴率も低下してしまったことから、打ち切りとなってしまいました。

あびる優に関しては、元ヤンキーというよりは犯罪者ですよね…。

お店側から被害届が提出されていないこと、あまりにも時期が経ちすぎていることから、あびる優は逮捕されていませんが、芸能界を干されて当然だと思います。

矢田亜希子

 

この投稿をInstagramで見る

 

矢田亜希子(Akiko Yada)(@akiko_yada)がシェアした投稿


美しい美貌で、男性ファンが多いことでも知られている矢田亜希子。

清純派女優ということで売り出され、「お嫁さんにしたいNo.1」「なりたい女性芸能人No.1」という称号を手にした経験もあるほどです。

しかし、オラオラ系で、裏で黒い連中とつるんでいるのでは?とたびたび噂になっていた俳優・押尾学と2006年11月に結婚したことで、一気にファンが離れてしまったのです。

清純派女優と言われていた矢田亜希子が、黒い噂が絶えない俳優と結婚に至ったのは、矢田亜希子が元々はヤンキー気質だからではないか?とまで言われてしまいました。

押尾学と結婚したことで、矢田亜希子の過去が色々と調べられるようになったのですが、そこで矢田亜希子が元ヤンだったことが事実だと判明したのです。

実は、中学高校時代は毎朝違う男性と一緒に学校に通っており、「超軽い女」だと言われていたといいます。

しかも、その男性はほとんどがヤンキーだったといいますから、矢田亜希子が元ヤンだったというのも事実なのでしょう。

木下優樹菜

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuuukiiinaaa(@yuuukiiinaaa)がシェアした投稿


2019年、タピオカ騒動が起きたことで芸能界を一時休業中の木下優樹菜。

テレビに出始めたころから、自身が元ヤンだったことを公にしているので、このタピオカ騒動があった際も、「元じゃなくて現在進行形のヤンキーだった」と噂になったほどです。

木下優樹菜の元ヤンエピソードはたくさんあります。

中学2年生のとき、学校内での番長を決めるために1対1の喧嘩が勃発しました。

木下優樹菜は惜しくも決勝戦で敗れてしまったのですが、学校の副番長という座に就いたのです。

ということは、学校内で2番目に喧嘩が強かったということですよね。

中学2年生、しかも女子ということで、喧嘩の腕はなかなかのものだったのではないでしょうか。

さらに、女同士の喧嘩で、相手の髪の毛を思いっきり掴んだら、相手の髪の毛がごっそり抜けてしまったというエピソードもあります。

芸能界に入ったことで、そのヤンキー気質は多少落ち着いてはいましたが、タピオカ騒動で「やっぱりヤンキーだった」と言われてしまっています。

戸田恵梨香

 

この投稿をInstagramで見る

 

戸田恵梨香(@toda_erika.official)がシェアした投稿


2019年のNHK連続テレビ小説「スカーレット」のヒロインを務め上げた戸田恵梨香。

かねてより、性格がきつそうなどと言われていた彼女ですが、実は元ヤンだという噂もあるのです。

戸田恵梨香は、中学時代に書道部に所属していました。

書道部の活動自体があまり本格的ではなかったので、スカートを極限まで短くしたり、髪の毛の色を抜いたりしていたというのです。

さらに、中学時代には、地元・神戸で有名なホストが彼氏だったという噂もあります。

この噂が本当であれば、戸田恵梨香が元ヤンだと言われているのも事実のような気がしますよね。

戸田恵梨香は小学生の頃に芸能界入りを果たし、中学卒業と共に上京しています。

現在の性格は丸くなったと言われていますが、当時は元ヤン気質が丸出しだったという噂もあるのです。

というのも、現場には戸田恵梨香の取り巻きが、最低5名はいたのだとか。

5名それぞれに水係やタオル係などが決められていて、少しでもタイミングを逃すと、戸田恵梨香が激怒していたという噂もあります。

さらに、営業時間外のエステ店に、「戸田恵梨香が行くんだから開けなさいよ!」と怒鳴ったというエピソードもあります。

田中れいな

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中れいな(@tanakareina.lovendor)がシェアした投稿


モーニング娘。の元メンバーで、2020年現在はバンド「ラベンダー」のボーカルを務めている田中れいな。

以前、「今夜くらべてみました(日本テレビ)」にゲスト出演をした際、元ヤンであることを明かしています。

田中れいながヤンキーになった理由は、イケイケだった両親の影響です。

田中れいなは、幼稚園時代には既に眉毛を剃っていて、小学校2年生では金髪になっているのです。

このような外見ですので、小学校時代は目立っていました。

ですが、目立っていた故に女子生徒からのイジメの対象にされてしまい、クラスの女子全員にシカトされたり、体操服を男子トイレに捨てられたりというイジメに遭っています。

田中れいなは、このようなイジメを真に受けておらず、「ひとりでもいっか」と全然気にも留めていませんでした。

中学生になると、学校内でのあだ名が「総長」になるほど、ヤンキーになっていったと言います。

田中れいなに関しては、明らかに両親の影響なので、可哀想な気もしますね…。

沢尻エリカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

沢尻エリカ(@erika.sawajiri.erika)がシェアした投稿


2019年11月16日、麻薬取締法違反容疑で逮捕された沢尻エリカ。

元々は女優や歌手として活躍しており、演技力が抜群ということで、様々な話題作に出演をしていました。

沢尻エリカには「エリカ様」という愛称が付けられており、お嬢様気質な性格は知れ渡っていた事実です。

実は、沢尻エリカは中学時代にヤンキーでした。

白色の靴下が校則で決まっていたのに、ルーズソックスを履いて登校していたこと、スカートの丈も短いものにしていたことが明かされています。

さらに、学校内で打ち上げ花火をしたり、気に入らないことがあると学校の便器を壊していたという噂もあるのです。

沢尻エリカが通っていた東京都杉並区立井草中学校は、1つ上の学年に俳優・松田翔太がいて、沢尻エリカと松田翔太は恋人関係にあったとされています。

当時の松田翔太もヤンキーで、松田翔太軍団なるものが結成されていたといいますから、学校内でも有名なヤンキーカップルだったのではないでしょうか。

吉村由美


「PUFFY」の吉村由美。

可愛い印象のある吉村由美ですが、実は元ヤンだったと噂されています。

というのも、吉村由美は高校をわずか1か月で中退し、中退後は髪の毛を金髪にして、喫煙と飲酒は当たり前だったというエピソードがあるからです。

同時期に芸能界デビューを果たした相川七瀬とは当時嫌煙の中で、「お前、生意気なんだよ!」といきなり睨みつけたというエピソードもあります。

相川七瀬とのこの喧嘩は有名で、当時ヤンキーだった相川七瀬も負けじと参戦し、周りがヒヤヒヤしていたのだとか。

現在はお互いに戦友で、吉村由美の元夫・西川貴教と3人で仲良しだと言います。

3人で頻繁に、食事にも行くらしいですよ。

武井咲

 

この投稿をInstagramで見る

 

武井咲 / Emi Takei(@emitakei_official)がシェアした投稿


様々な話題作に出演し、笑顔が可愛いと言われている武井咲。

実は、中学時代に地元・名古屋で有名だった不良集団に入っていたとされています。

さらに、武井咲が通っていた名古屋市立当知中学校は、不良がたくさんいた中学校として当時知られており、武井咲も不良の一員だったのではないかと噂されているのです。

ですが、当時から武井咲は黒髪を貫いていますし、正真正銘の元ヤンではないのかな?と推測します。

武井咲は2017年、EXILEのボーカル・TAKAHIROと電撃結婚をしています。

同時に妊娠初期ということを公表し、出演が決まっていたドラマを降板もしています。

これらのことから、元ヤン気質で、自分がこうだと思ったものは貫き通す性格なのではないか?とも言われています。

重盛さと美

 

この投稿をInstagramで見る

 

重盛さと美です(@satomi_shigemori)がシェアした投稿


バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)」で、おバカキャラが定着して有名になった重盛さと美。

実は元ヤンで、地元・福岡市内の団地の壁に、「重盛さと美参上!」という文字が堂々と刻まれていたというのです。

中学時代には不良グループに入っていて、髪の毛も茶色に染めていました。

テストで0点を取ることは当たり前で、それでも全然気にしていない態度を取っていたというエピソードもあります。

休日に中学校のプールに侵入して、全裸で泳いだこともあるというから驚きですよね。

ですが、重盛さと美の兄が妹思いな優しい人で、重盛さと美も両親には刃向かえるのに兄には太刀打ちできなかったといいます。

その兄が、重盛さと美の門限を夜の7時と決めたことがきっかけで、重盛さと美はどんなに悪さをしようとも、門限の7時までには自宅に帰宅していたといいます。

和田アキ子

 

この投稿をInstagramで見る

 

和田アキ子(@ako50th)がシェアした投稿


「芸能界の番長」というあだ名がある和田アキ子。

和田アキ子に気に入られるために、へコへコしている若手芸能人も数多くいるので、和田アキ子には元ヤン気質があると思ったことのある方は多いのではないでしょうか。

和田アキ子が元ヤンだと公表したのは、2018年9月17日に放送された「しゃべくり007(日本テレビ)」です。

そこで、マジの不良をしていたと明かしたのです。

実は、和田アキ子は実父から日常的に暴力を受けていて、中学1年生のときに初めて家出を経験しています。

その後は、未成年にも関わらず喫煙や飲酒を繰り返していました。

和田アキ子は、私立・城星学園中学校を卒業後、城星学園高校に入学しましたが、父親が勝手に退学届けを提出してしまい、わずか3日で高校生活は終了しています。

父親が原因でグレてしまった和田アキ子ですが、現在の所属事務所・ホリプロにスカウトされたおかげで、落ち着きを取り戻しています。

瀬戸朝香

 

この投稿をInstagramで見る

 

一弥(@shellfreak58)がシェアした投稿


ジャニーズ「V6」の井ノ原快彦の妻・瀬戸朝香。

女優として活躍していて美人だと噂されている瀬戸朝香ですが、実は元ヤンだというのです。

ですが、ネットでいくら調べてみても、瀬戸朝香が元ヤンだったことを裏付けできるような写真などが出て来ません。

したがって、瀬戸朝香が元ヤンという可能性は極めて低いかもしれません。

瀬戸朝香は元々、気の強い役柄を演じることが多く、そのことから、元ヤンなのでは?と噂されるようになったのではないでしょうか。

そもそも、元ヤンだと言われている人物が、ジャニーズの稼ぎ頭と結婚が出来るわけがなさそうですし、瀬戸朝香はただ気が強いだけということだと推測します。

ハイヒールモモコ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハイヒール・モモコ(@highheel_momoko)がシェアした投稿


吉本のベテラン芸人として、様々な番組に出演をしているハイヒールモモコ。

実は、ハイヒールモモコが2歳のときに両親が離婚し、父親に引き取られました。

小学校2年生のときに父親が再婚をしたのですが、継母が何もしてくれず、そのあたりから徐々にグレていったのです。

最もグレていたのは中学時代で、自宅にヤンキーや暴走族集団が集まっていたといいます。

その影響もあり、中学3年生のときには学校に通っていません。

深夜に出かけることもしょっちゅうで、警察に頻繁に補導され、近くの交番の警察署員に顔を覚えられてしまっていたのだとか。

中学卒業後は一応高校に進学しますが、わずか1週間で自主退学をしてしまったというのです。

バイクで走りながら、鉄パイプで火花を散らせることが得意だったと当時のことを語ったハイヒールモモコですが、なんだか想像ついてしまうのが面白いですよね。

美保純

 

この投稿をInstagramで見る

 

美保 純(@junmiho8441)がシェアした投稿


美保純は、2016年8月31日に放送された「5時に夢中!(TOKYO MX)」で、10代の頃の元ヤンエピソードを語りました。

その内容は、「私は10代の頃、毎年警察に捕まっていましたね。補導です、補導。」というものだったのです。

しかも、「恒例でもう、慣れちゃって。親もニコニコして警察に迎えに来てましたもん」と明かしました。

補導された原因については、「万引き未遂みたいな。不審な動きで補導されて、警察まで連れて行かれました」と明かしています。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.